コンサルタント=ピアニストはきょうも語る

現役経営コンサル兼ピアニストが仕事術とピアノと減量と英語と沖縄とかについて語ります

デトックスは食事から

約3年前に重症アレルギー発作防止のため開始した生活習慣改革は食事と運動、それにサウナ、そして医薬品やサプリ断ちの4点が主眼である。

食事および経口摂取するものは全て身体を汚すものという基本的考えに立脚し、できる限り野菜を多目に、塩分糖分を控えて浸透圧を低く抑え、添加物を避けるようにしている。

ここのところの食事の例を挙げてみる。

 

生夏野菜の取り合わせ。少しマヨネーズをつけていただく。

f:id:jimkbys471:20180715162331j:image

 

パクチーさやえんどうラディッシュなどに鶏肉チーズ載せ。
f:id:jimkbys471:20180715162356j:image

 

これはランチのタコライス

f:id:jimkbys471:20180715162407j:image

 

サラダにカルビとキムチ載せ。
f:id:jimkbys471:20180715162319j:image

 

。。。しかし時には炭水化物も。沖縄出張の際にソーキそばをごちそうになった。
f:id:jimkbys471:20180715162420j:image

 

おかげでここのところ3年間アレルギーの兆候すらなし。体重も体脂肪率も維持中維持中ପ(๑•ω•)੭ ☆

 

ジムニーというクルマ

結婚した頃、中古で100万円ほどで購入し、とても気に入っていたジムニー2代目。

f:id:jimkbys471:20180713175019j:image

(写真はウェブから拝借)

仕事で自動車関係もやっているが、つくづくデザインと個性の貧しさだけが目につく自動車業界。

ジムニーのようなシンプルで硬派でセンス溢れるクルマはもう生まれないのか。

ならばリバイバルすればいい。

スバル360トヨタスポーツ800、117クーペマツダロータリークーペ。。。

時を超えて甦れ。

 

 

と思っていたら新型ジムニー発売ପ(๑•ω•)੭ ☆

www.suzuki.co.jp

アスペルガー症候群は疾病ではなく個性

いまの職場でもそうだが、これまで何人もいわゆるアスペルガー症候群という疾病が存在するとすればぴったり「診断基準」を充たす人たちと仕事をしてきた。

アスペルガー症候群については多くのサイトがあるが、たとえばここにわかりやすい解説がある。

h-navi.jp

厳密な意味での診断基準ではないが、アスペルガー症候群の人に見られる10の特徴がこのサイトに挙げられている:

  1. 明確な指示がないと動けない
  2. 場の空気を読むことができない、空気に沿った対応ができない
  3. 冗談が通じず、会話の行間や間を読むことができない
  4. 曖昧なことを理解できない
  5. 好きなことは永遠とやり続けてしまう、話し続けてしまう
  6. スケジュール管理ができない
  7. 自分が興味のないことは頑なに手を出そうとしない
  8. 急な変更にうまく対応できず、だまされやすい
  9. 名前を呼ばれないと自分だと気が付かない
  10. 相手の気持ちをおもんぱかれない、人を傷つけることを平気で言う

アスペルガー症候群」は国際疾病分類(ICD)では病名ではなく、「自閉症スペクトラム障害」の一種とされているが、これではますます訳がわからない。

精神疾患の診断は定量的に線引きできない基準に基づいていることが多い。

アメリカ精神医学会の診断基準である『DSM-5』(『精神疾患の診断・統計マニュアル』第5版)によると、

これまで「アスペだな」と思った人たちは、例外なくある特定の分野においては高い能力を有している。

一方で、上の1~10の特徴をざっくりまとめていうと「チームプレーができない」「マネージできない」人なのである。そうなると一匹狼にならざるを得ない。しかし特定の領域で高い能力を発揮しそれを認めてもらえる状況においては自分も周囲も(あまり関わらないので)ハッピーである。

しかし今の職場でも前の職場でも一匹狼に用は無い。チームプレーは必須である。

今回のサッカーW杯でも浮彫になり優勝候補とされる国が次々に敗退していったのはスーパースター頼みで組織能力を十分に発揮できていなかったからである。

きょうも同僚としみじみ話したが、一緒に働くのは本当にストレスフルである。

言っておくが病人を差別しているのではない。アスペは疾病ではないからだ。個性である。

しかしその個性が甚だしくチームワークを阻害する。

問題なのは、顧客の前でもその個性が出てしまい、ある顧客企業から「あの人は寄こさないで欲しい」と言われていると最近知ったことだ。そこまで言われることはなくとも、一緒にいくつかの企業を訪問した際、相手が何を求めているのかを理解できず、自分の言いたいことだけを延々と喋り、結局商談が進まなかったことが何度もある。

自分も一緒に仕事をしていて著しく不愉快なので、できるだけ関わらないことに決めた。何も自分が我慢する必要は一切ない。

月と地球の奇跡的な関係

The Economist誌7/5号にWorld ifという特集がある。

「もし〜が〜だったら」というトピックで10ほどの記事があり、その中に「もし地球に月がなかったら高度な知的生命体は存在しない」という仮説が述べられている。

www.economist.com

地球と月の関係は太陽系の中でも衛星が際立って大きいことで他の惑星と一線を画す。

水星と金星に衛星は発見されていない。

火星の衛星は2つ知られておりフォボスダイモスだがいずれも火星の重量の1,000万分の1に満たない。

これに対し月は地球の重量の100分の1程度ある。

準惑星となってしまった冥王星には自分の1/19ほどの重量の衛星カロンが1976年に発見されているが、現在では衛星ではなく連星系とみなされている。

 

The Ecomistの記事が提示する仮説とは、月のお陰で地軸の公転面に対する角度がほぼ22-24度に保たれており、そのため気候が安定するのだという。これに対し火星は軸が大きくかつ頻繁に振動するため生命の棲息には厳し過ぎるのだという。

これはあくまで仮説だが筋は通っている。

しかもこのように大きな月がどうしてできたのか実は解明されてはいない。

もし地球と月の関係が高度知的生命体の生存に必要であり、しかもこれが極めて稀なものだとすると、この宇宙に高度な知的生命体が他に存在する可能性は低くなる。

我々はとても孤独なそして貴重な存在かもしれない。

 

Daily Show

アメリカのTV番組Daily Showをここのところよく見ています。

といっても日本では放映されていないのでYoutubeで見ています。

Trevor Noahのキレのあるトークと痛烈な皮肉が痛快です。

リスニング、シャドウイングの訓練には最適だし、国際政治ネタが多いので時事問題の理解にもとても役立ちます。

ぜひおすすめしたい。

最新の配信はこれです:

https://youtu.be/9s7HySExCoc

購読するとほぼ毎日新着動画のお知らせがきます。

毎日楽しみにしています。

サブキャラにも名前をつけるべき

日本映画の名作と言えば千と千尋の神隠しである。

申し訳ないが黒澤明とかではない。

あの世界観、緻密な描写、そして何より濃いキャラクターである。

巷のキャラランキングではハクだのカオナシだの湯ばばだのが上位に名を連ねるが、キャラ評論家として最も高く評価しているのはわずか1分ほども登場しない街灯くんである。

名前をつけていないらしいが、これにも一言言いたい。

これほど緻密に設計しているならあらゆる登場人物(神、妖怪含む)に名を付けるべきである。あのカエルにもアオガエルという名前がついている。カオのない異次元世界の住人である奴ですら「カオナシ」というそのまんまじゃねーかな名前が与えられている。

なのにどうだ。クライマックスで登場する、礼儀正しい愛すべきキャラに名前が無いとは。

 

誰か知っている人教えてください。

curmudgeonly

The Economistの記事を読んでいて初めて出会った単語。

辞書によると(スマホだといちいち辞書サイトにいったり辞書アプリを立ち上げなくても調べられるので便利):

“a bad-tempered person, especially an old one”

とある。これの副詞形。

日本語にすれば「気難しい老人」となる。

これまでこれを英語で言うとしたら自分はgrumpy old manあるいはdifficult personのどちらかを使っていたが、一般的では無いにせよ、一語で表現できるとは便利である。

まだまだ自分の語彙力も大いに広げる余地ありと思った。