コンサルタント=ピアニストはきょうも語る

現役経営コンサル兼ピアニストが仕事術とピアノと減量と英語と沖縄とかについて語ります

ピアノ

日本音楽コンクールピアノ部門ドキュメンタリー

昨日NHK Eテレで毎年楽しみにしている日本音楽コンクールのドキュメンタリーを放映していたので、録画して観ました。 今回は例年と異なりピアノ部門にフォーカスした1時間ものでした。 本選は聴きに行けませんでしたが、1次から3次までは半分くらいは聴いた…

ピエール=ロラン・エマールのメシアンまなざし全曲リサイタル

聴いてきました。 オペラシティタケミツメモリアルホール。 現代曲のプログラムにも関わらずかなりの聴衆。現代最高のメシアン弾きと言われるエマールだからこそでしょう。 今回でメシアンまなざし全曲コンサートは5人目ですが、これほどの高い水準の演奏は…

ショスタコーヴィッチの作品87第12番フーガ

これは難しい。 一般にフーガは主題が複雑で長いそして急速であると展開が進み奏する声部が増すと極度に難しくなるが、主題の性格がバーバーのピアノソナタ4楽章に似ているこの曲はその典型である。 昨日机上で(というより通勤電車車中で)前半3ページの運…

ラヴェルのフーガ

モーリス・ラヴェル(Maurice Ravel、 1875-1937)が1914-1917年に作曲した組曲「クープランの墓(Le Tombeau de Couperin)は全6曲からなりますが、その第2曲がフーガです。 哀切なテーマはしかしアーティキュレーションと休符を大切に弾くことは当然とはい…

覚醒

昨日は尊敬するピアノ仲間(アマチュア)たちのジョイントリサイタル。 近現代の難曲揃いだが、その完成度の高さの理由をずっと考えながら2時間あまり密度の高い時を過ごした。 一言でいえば一音入魂なのだが、単なる精神論ではもちろん無い。 基本である、…

フーガづくしリサイタル素案

ここのところ仕込んでいる曲が気づいたらフーガばかりなので、いつという予定はないがソロリサイタルをやると想定した場合のプログラムを考えてみた(妄想) バッハ:平均律第1巻第3番BWV848 フーガ(4分) バッハ:平均律第2巻第16番BWV885 フーガ(4分) …

メシアンの天地創造:非対称な拡大の美

メシアンの「幼子イエスに注ぐ20のまなざし」(Vingt Regards dur l'enfant Jesus)の全20曲中最難曲とされる第6番「その方によってすべては成された)(通称:天地創造)はやや複雑な主題が古典的なカノンや反行、逆行に加え、メシアン独自の語法である「非…

最短で現代曲を会得する方法

などと書き出すと安っぽいhowーto本のタイトルのようで響きは良くないが、目下メシアンの「幼子イエスに注ぐ20のまなざし」中最難曲とされる第6曲天地創造に着手して12日目、その前に手がけた第10番「喜びの聖霊のまなざし」いずれも譜読みからして難儀極ま…

ピアノ練習は祈りである

前々から思っているし、往年の名ジャズミュージシャンの言葉にもあった気がするが、特に毎日バッハとベートーヴェンとスクリャービンとメシアンを練習していると、練習という行為は「祈り」であるとますます強く思う。 キリスト教の祈りについて、Wikipedia…

この曲を弾けるようになることは進化すること

メシアンのまなざし6番「その方のよって全てはなされた」(天地創造)です。 かつてはとても自分の手に負える曲ではないし、難しい割にそれほどいい曲でもないと思っていました。 しかしこの3月から10番「喜びの聖霊のまなざし」、その前に13番「ノエル」に…

自分が世界一と言えるものを持て

別にオリンピックでメダルをとらなくていい ギネスに乗らなくていい 目立たなくていい なにかこれは自分にしかできないと思えるものをもつ 些細なことでいい その些細なこともあるとききっと価値を発揮する

もはやSFではない

タイムマシンはもはやSFではないらしい。時間の流れは止められないし逆らえなくとも曲げることはできるらしい。 世界のどこへでも数時間で移動できるというのも夢物語ではないらしい。HyperloopやHypersonic Planeの開発が一気に進み実用化するかもしれない…

音楽を科学的に理解する

Youtubeで偶然いい動画を見つけた。 https://m.youtube.com/watch?v=HJouIL6uaoc&feature=youtu.be どうやって暗譜するかというタイトルだが、実際の内容は、曲を分析してパターンと構造を認識することが有効かつ重要であることをわずか15分程度で楽譜と実演…

練習とは地味なもの

1カ月後に勉強会で弾くベートーヴェンのピアノ協奏曲第4番をかつてなくマジメに練習しています。 マジメな練習の定義は、一つ一つの音の音価音色音量アーティキュレーションを入念な設計に基づき、全身を使って無理なく自然に響くよう耳を傾けてそのフィード…

逃げるが勝ち

ビジネスでもピアノでも「がんばる」ことを必要条件と考えてはいけない。 辛いことに正面から向き合うことが正しいとは限らない。 そこは本当に「がんばる」べき箇所なのか。 もっと楽にやる方法はないのか。 そもそもやるべきことなのか。 真の目的は何なの…

音価は正確に

昨日はレッスン。 ここのところ10日に1度のペース。 平均律ばかり。 重要なポイントはただ一つ。 音価は正確に。 どこまでもあくまでもいかなる場合でも正確に。 8分音符は厳格に8分音符♪ 8が7.9になっても8.1になってもならない。 (もちろんそんな音符はな…

ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第4番作品58

ピアノ協奏曲はおそらく1,000曲を超える膨大な数の作品がありますが、中でも(というかもちろん全て知っているわけでは到底ありませんが)好きな作品は以下の5曲です(時代順): ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第4番ト長調作品58 ブラームス:ピアノ協奏曲第…

新たな門出

約一年弱にわたって準備してきた本番が無事終了。 辛く苦しく先の見えない長い日々であったが、なんとか舞台をやり遂げることができた。 長い一日だった。 とても多くの経験値を得ることができたと思う。 何かが自分の中で大きく変わった。 ここが新しい門出…

よく視ているオンラインピアノ講座

ピアノレッスンは基本的にお金がかかるし(かけるべきです!)、それ以上に良い先生と巡り合い(大人のアマチュアを教えてくれるとは限りません)、レッスンの日程調整もなかなか仕事の都合や先生の都合で難しいものがあります。 そんな状況はおそらく誰にで…

ショパン練習曲作品25第12番「大洋」

昨年からじっくり取り組んでいるショパンエチュード作品25の第5番と並行して、最近は25の6番(三度のエチュード)と25の12番(大洋、Ocean)を練習しています。 作品25の12番は、エチュードの中では比較的易しい曲とみなされていますが、ショパンのことです…

耳を澄ませば(練習メモ)

自分の演奏のどこに問題があるか自分で判るようにならねばならない。 そのために音楽史や音楽理論を学ぶことが必要だ。 「弾く」行為にばかり神経をとられていると、肝心の「聴く」方に神経を配ることができなくなる。 音の多い曲ばかりやっていると全ての音…

バイオリンが弾きたい

という願望は子供の頃から抱いているがちょっと試し弾きしたことがあるだけ。 なぜ弾きたいか。それはチャイコフスキーのバイオリン協奏曲が最も好きな音楽だからである。 中学生の頃クラスメートが弾くのをピアノで伴奏した記憶がある。 やはり自分がソリス…

ピアノ奏法の基礎

名ピアノ教師として広く知られるジョセフ・レヴィーンによる著書の日本語訳です。 10年ぐらい前から時折繰り返し読んでいますがその度に学びがあります。 www.amazon.co.jp 世の中にピアノ演奏法に関する書は数多く出ており、自分もおそらく20冊ぐらい買って…

きちんと弾くということ

感動する、楽曲のポテンシャルを最大限に発揮した素晴らしい演奏とは何より「きちんと弾く」ということができていることを痛感しています。 昨日、ベートーヴェンのピアノ・ソナタ2番1楽章の展開部の難しさについて取り上げました。 jimkbys471.hatenablog.c…

ベートーヴェンピアノソナタ2番は演奏不可能なのか

。。。という根拠は1楽章展開部後半のこの箇所をよくよく見ていただければお判りいただけるだろう。 近現代のベートーヴェン弾きと言われる名ピアニストの演奏を13人分聴いたが、ここを作曲家の指示どおり弾けていると言えるのは僅か数人である。 第2主題に…

目標はレコーディング

ピアノは好きな曲が弾けなくても取り組むプロセスを楽しむものだし楽しまなければ上達も無い。 日本人特有の「がんばる」的な苦行は上達には逆効果だ。長時間がむしゃらにただ弾いても、それなりに「弾ける」ようになるかもしれないが、人に聴かせる音楽には…

日本音楽コンクール ピアノ部門 第3予選

きのうは有給休暇を取得して、音コンピアノ部門3次予選を聴きにトッパンホールに来ました。 1次予選、2次予選共にほんの一部しか聴いていないのと、同じ門下の人や、1次予選、2次予選で期待した人がいることもあり、全部聴くつもりで来ました(3人聴いてよほ…

PVが1,000超え

以前から度々書いているとおりPVなどまったく気にしていないのだが、アクセス解析をみて昨日のアクセスが急増しているのに驚いた。 マイナーなトピックについてしか書かないのに。 何かキーワードがヒットしたのであろう。 音コン開催中だからですかね。ウェ…

アマチュアピアニストが弾けないと悩む理由

特にアマチュアピアニストはレベルに関わらずほぼ常に弾けないと悩んでいる(悩んでいない人はよほどの達人でしょう)訳ですが(悩みたいから悩んでいるという説もあります)その理由はほぼ5点に集約されると考えます。 1. 音楽のイメージが薄弱 (o・ー・)o 音…

音コンピアノ部門2次1日目聴いてきました!

昨日は日本音楽コンクールピアノ部門2次予選(正式には第2予選と言うそうですが)第1日を聴きに行きました。 1次予選の結果をみて、これは楽しみだと思ったからです。 jimkbys471.hatenablog.com 午前中は1件クライアント訪問があったので聴けなかったのです…