コンサルタント=ピアニストはきょうも語る

現役経営コンサル兼ピアニストが仕事術とピアノと減量と英語と沖縄とかについて語ります

英語

いちばん大切なことを忘れていたこの15年

仕事もプライベートも一度に重いことが重なりいっぱいいっぱいになっている今日、すがる思いで心を休めるべくウェブ検索したら、あるカウンセラーのサイトに行き当たりました。 「こころにまるを」 http://kokoo.jp 丸尾さんという若い男性カウンセラー。 記…

自己実現とは何か・・・自己超越の手段に過ぎない

マズローの欲求5段階説というのは広く知られています。 あらためてこれがどういう背景で考え出され、どういう示唆があるのかウェブで調べてみようと思ったらこんな記事がありました。 daxiazzz.hamazo.tv なんと5段階ではなく6段階だったのですね(`・ω・´) …

ささやかな楽しみがあればいい

仕事から完全に離れられることが1日たりともない毎日。 土日といえども先週の仕事のまとめをし、月曜の会議やクライアント訪問、社内情報共有のための作業をこなさなければならない。 会社も自分も進むべき方向が定まらず、ただ眼前のプロジェクトやマーケテ…

想い出のホテルたち(1)

これまで主に出張で各地のホテルに泊まりました。 かなり潔癖な性格なのと、かつて安ホテルでいろいろトラブルがあったのでホテル選びは慎重です。 学生の頃、マンハッタンのど真ん中のホテルに泊まった時は、外出中に扉がこじ開けられて、荷物が荒らされて…

喜びを表す英単語

日本語の「喜び」に相当する言葉といえばjoyかと思いますが、「喜び」にも様々な意味、ニュアンスがあるので使い分けが必要です。 そこでjoyの同義語を調べてみました。いま取り組んでいる曲が喜びに喜びがテーマの多い曲というのが動機です。 同義語を調べ…

日本人の英語力の低さ

仕事柄英語を使う機会が多く、またネイティブでない人と英語でコミュニケーションを図る機会も多いので、つくづく感じるのが日本人の英語力の低さである。 平均的に低いかということではない。 ビジネスの世界でグローバルにコミュニケーションを図る役割を…

読書メモ:すごい私になれる魔法の名言

苫米地英人さんの著作は相変わらず新しいアイデアに富み勇気づけられます。 ゴールを決めれば動ける。悩むのはヒマだからだ。限界を決めてるのは自分のイマジネーション。自己評価が低いから他人の評価が気になる。失敗などというものはないのだ。自信ではな…

テレビは見ない主義。原則は。

見るとしたら 字幕の洋画 NHKのクラシック音楽関連ドキュメンタリー 沖縄特に離島もの ぐらいかな 最近はNHK含め宣伝ばかり 食いもん系は興味なし バラエティは低ギャラタレントのオンパレードなのでつまらない ニュースは取材が楽な事件や事故ばかりで本当…

戦士に休息は無い

がんばり過ぎかもしれない。 心が折れそう萎えそうになってもありとあらゆる手を使って奮い立たせてきたので、、ドーパミン放出促進手段の多さには自信があるが、疲れてきたので有効性が失われていく。 しかし戦いは続く。 倒れたら負けであり、負けは死を意…

ココナラで初めて売れました

9月に出品して以来、まったく売れずにホコリかぶるかと思いましたが、ついに売れました!! なかなか売れないので、友人に聞いたら 「500円じゃ安過ぎて信用されないんじゃ?」 でもねー 初心者は500円にしか設定できないのです。 しかしそれも昨日までのこ…

スマホが通勤を救う

スマホが出てくる前は、通勤時間に何をしていたか覚えてますか? ぼくは郊外に住んでいるので、都心にある会社までの通勤時間はドアツードアでゆうに1時間はかかります。 地下鉄直通なので便利な一方、遅延することもしばしばです。 (ところであの車両間隔…

グローバルな2日間

おとといはディナー、昨日は3件の顧客訪問を外国人たちと回るとてもグローバルな2日間でした。 もごもごしゃべるアメリカ人白人男性 声が小さく寡黙なカナダ人白人男性 やたら早口なイギリス人 これも早口な香港人 ベンガリーズなインド人 と日本人(私) デ…

IQ

大好きな映画のひとつです。 1994年アメリカ映画(パラマウント)。メグ・ライアン、ティム・ロビンス主演。邦題「星に想いを」。 勝手にあらすじを語る: メグ・ライアン演じるキャサリン・ボイドは、プリンストン大の気鋭の数学者で、アルバート・アインシ…

胸を張っていこう

胸を張るということが大切な意味を持つことをつくづく感じた1週間でしたので書いてみます。 寒いとどうしても首から冷気が入ってこないようにするためか、前かがみになりませんか。 マフラーしてマスクして歩いていても首を伸ばすと冷たい風が入ってくるし。…

訳しにくい英単語の理解で英語力アップ

英語が母国語である人と話していても通訳をする局面でもそうですが、何となくはわかっていても自分は使えない或いは日本語にし難い英単語というものがあります。 しかしそれらの単語は、英語でのコミュニケーション力を上げる為、相手に微妙なニュアンスを正…

甘ったれるな

自分の存在意義は何か? 自分は必要とされないのか? 何の為に生きるのか? いくら頑張っても報われないのか? くだらない質問ばかり。 存在意義は自ら探し示すものだ。誰も教えてくれる訳がない。 必要とされるには必要性を示すのだ。自分で考えろ。 何の為…

罪悪感による支配からの卒業

タイトルは、生きる苦しさから自分を解放することをここ数日考えた結果としての一つの結論です。 20代の頃からずっと感じてきたことに、自分の行動が欲求ではなく罪悪感により多く強くドライブされ、総体として自分が自分の抱く罪悪感に支配されている、とい…

【祝】累計10,000PV達成!

昨年2016年9月11日から始めたこのブログ、本日おかげさまで累計10,000PVを達成しました。 126日間1日も欠かさず投稿し、エントリー数は276です!1日平均2.2エントリーですね(*≧∀≦*) がんばった! パチパチ(控えめにね) ブログのKPIはどうやらPVらしいです…

ゴージャスという褒め言葉

「ゴージャス」と聞いて叶姉妹を連想したあなた!そんなあなたのための記事です! 英語のほめ言葉って実にいろいろあります。 思いつくだけ挙げてみますと: great cool awesome fantastic amazing tremendous excellent outstanding gorgeous superb magnif…

ココナラに挑戦

ココナラというワンコインでサービスを売買するサイトがあります。 いわゆるクラウドソーシングです。 なんかだれかから誘われたのと、新しい仕組は仕事上知っておく必要もあるので、試ししに(まったく売れる期待もなく)載せてみました! 9月11日からの1週…

最も長い英単語

元英語ヲタクのじむです。 ボキャビルに燃えているころ、長い英単語を使うアテもないのに覚えたのはヲタク魂です。 いまでも覚えている(書ける)のはこの3つ antidisestablishmentarianism(28字) supercalifragilisticexpialidocious(34字) pneumonoult…

国連英検特A級

いままで英語ヲタクぶりをさんざ発揮してきた(ブログ上でね)ぼくですが、国内の英語検定(試験)で制していないものが2つあります。 それは・・・ 通訳案内士(国家試験) 通訳案内士試験概要|通訳案内士試験概要|日本政府観光局(JNTO) と 国連英検特…

100エントリー!!

おはようございます! 9月から始めたこのはてなブログ、今回でなんと 100エントリー達成 であります(*≧∀≦*) 仕事術(コンサル、読書など)、医療、ピアノ、英語、減量、あ それから ねこあつめ が主なテーマですが、これからもアウトプットのためのインプッ…

ネイティブ向けボキャビル本

かつて英語ヲタクだったじむですが、意味が判るレベル(会話で使えるではなく)の語彙数目標は10万語でした(!) 当時のボキャブラリーはおそらく1万語ぐらいだったと思います。 ぜんぜん足りない! ケタが足りない! なので、よくある「TOEIC英単語なんち…

英語の達人・・・まじめに書きます

ども。外資系勤務経験10年以上(幹部として)で元英語ヲタが語る英語の達人の話です! 1週間ほど前に頭出ししたのですが、その達人は日本人で、帰国子女でもなく海外留学経験もありません。 英語の達人というからにはネイティブは除外します。母国語だからあ…

最難関~通訳技能検定1級は幻に

ども。元英語ヲタク略してモトエヲのじむです! 国内のノンネイティヴ向けの英語検定は全て制覇すると意気込んでいた20代、最高の目標はICEE2段以上に通訳技能検定1級でした。 1級は、2級合格者にしか受験資格が与えられません。 しかもそれでも合格率は2%と…

英語ヲタク時代

こんにちはっ! ぼくはかつて英語ヲタクでした。ヲタクという表現が似合うほどヲタクでした。ヲタクというのは定義により周囲から「なんでそこまで入れ込むん?わけわからん。廃人になちゃうよん」と思われるほど熱中しやり過ぎるのがヲタクのヲタクたる所以…

英語の達人……

経営コンサルやってるアラフィフのじむは、しばらく英語について書くのをサボっていたのですが、ネタ思い付いたので書きます(思いつかなければ書けないじゃないかっ!)。 英語ヲタクで米国留学し外資に通算13年勤めたじむですが、英語力でとても叶わないと…

英語道(4)GBC

前回は国内で受けられる英語検定試験中最難関とされるICEEについて書きましたが、これはあくまでも日本の団体が主催する、主として日本人を対象とする試験の中では、ということです。 ネイティブスピーカーも対象とした米国の試験となるとこの限りでは当然な…

英語道(3)英語漬けの日々

英語に目覚めたのは大学4年の時に研究活動の一環としてアメリカ東海岸に2週間滞在した時でした。 飛行機やホテルではなんとかなっても、街に出て一般の人と話したりするのはまったく勝手が違う。教科書やガイドブックの単語やフレーズを知っていてもほとんど…