コンサルタント=ピアニストはきょうも語る

現役経営コンサル兼ピアニストが仕事術とピアノと減量と英語と沖縄とかについて語ります

英語

ブログ開始2周年

2016年9月11日にはてブロ開始、昨日でまる2周年。 短い記事長い記事合わせ、毎日投稿し続け、合計942記事。 始めたきっかけは、自分が発信したいことを発信し続けることで、アイデンティティを明確にしようと思ったが、インプットのためのアウトプットとなり…

器用貧乏

そこそこ何でもできるけど、なにひとつ飛び抜けたもののないことを器用貧乏という。 一方でなんでもひととおりできるからオールラウンダーという言い方もできる。 そこでさらにインテグレーターと言い換えよう。 ひととおりさまざまなことができるのみならず…

充実の日々

今週末はコンクール全国決勝大会 来週月曜と木曜はクライアントとのプロジェクトミーティング 来週火曜〆切の提案書が2件 来月末はICEEなので英語磨かねば 再来月の議員会館での講演資料も未だ手付かず いずれも普通に考えれば重いが重いと思わないようにす…

国連英検特A級合格しました!

昨晩帰宅したら通知が来ていました。 7/8に行われた2次試験についてブログにアップしたとおり手ごたえはあったのですが、あくまでも試験官が評価するものなので、一抹の不安はありました。 最も不安だったのは熱が入って話し過ぎ、回答が長過ぎたかもしれな…

Daily Show

アメリカのTV番組Daily Showをここのところよく見ています。 といっても日本では放映されていないのでYoutubeで見ています。 Trevor Noahのキレのあるトークと痛烈な皮肉が痛快です。 リスニング、シャドウイングの訓練には最適だし、国際政治ネタが多いので…

curmudgeonly

The Economistの記事を読んでいて初めて出会った単語。 辞書によると(スマホだといちいち辞書サイトにいったり辞書アプリを立ち上げなくても調べられるので便利): “a bad-tempered person, especially an old one” とある。これの副詞形。 日本語にすれば…

国連英検特A級二次試験受けてきました

昨日7/8は2018年第一回国連英検A級特A級の二次試験でした。 一次試験の合格通知と共に送られてきた二次試験の案内にある時刻と試験会場に10分ほど早めに着き、受験票と身分証を提示して受付完了。 会場は新宿の宝塚大学東京校でした。 受付時間の10:15から控…

国連事務総長という世界で最も困難な仕事

だと思う。 194か国(現時点)の加盟国の利害の相剋。 巨大で専門分化が進んだ組織。 深刻化する国際的諸問題(紛争、難民、貧富の格差、環境等) 曖昧な権限と重い責任。 歴代の国連事務総長をおさらいしてみる。 第1代 トリグブ・リー(Trygve Halvdan Lie…

国連憲章を暗唱せよ

日本人にはあまりなじみのないものであるが、憲章(Charter)というものは、特定の組織やプロジェクトを方向付ける最上位概念である。 国連憲章は国連設立の際、すなわち1945年6月26日にサンフランシスコで開催された連合国会議で調印された。 国連憲章の日…

国連という組織はコンサルを燃えさせる

こんな記事がある。 「70年と0.5兆ドル後に国連は何を成し遂げたのか」https://www.theguardian.com/world/2015/sep/07/what-has-the-un-achieved-united-nations そもそも国連(UN, United Nations)は何のためにあるのか。公式には第三次大戦を未然に防ぐ…

国連英検特A級二次試験準備

結果通知が来た(そして見た)のが金曜の晩だったし、ここ数か月あまりに仕事が忙しい(やること多すぎ)こともあり、まったく手付かずであった国連英検特A級二次試験の準備を開始! 昨日は午後にコンクールの予選であったため、午前中は朝から5時間ピアノの…

国連英検時A級一次試験結果

かろうじて合格(●ↀωↀ●)✧ 二次の準備しなきゃ|•'-'•)و✧

国連英検特A級一次試験自己採点

5/27に受けた一次試験、ウェブに正答表がアップされていたのを今頃気づいたので(そおいうことは受験者に言わんかい‼️)自己採点してみたら80問中62問正解なので正答率78%と悪くない結果。 小論文は20点満点だが、語彙と文法的には自信はあるものの、環境問…

国連英検特A級一次

受けてきた。 過去に一度合格しているとはいえやはり難しい。どちらかといえば体力勝負。寝不足には辛い。 以前一次合格したときは出張などで2回とも二次を受けられなかったので再挑戦。 よほど自信がある人にしかお勧めしない。 しかしかつてに較べると長文…

一日十万歩80km歩いたよ

きのうはfitbitフレンズ仲間で流行っている神チャレ(1日10万歩)に挑戦! そして達成! 朝1時に起き、2時に自宅を出発。目指すは葛西臨海公園。距離は36km。 7時間ほぼ休まずに歩き、9時に葛西臨海公園に到着。練馬→豊島→新宿→文京→千代田→中央→江東→江戸川…

グローバル化は死語

日本企業は未だ「グローバル化」を標榜する向きが多いように見受ける。経営の定性目標として掲げることは正しい。なぜならグローバル化すべきであるし、それら企業はグローバル化できていないからだ。 問題はグローバル化の本質を捉えて標榜しているか否かで…

MBA留学で得たもの

30前後で米国の有名ビジネススクールに2年間留学し、MBAを取得したが、直接的に得たものは特にない。 MBAという学位そのものの稀少価値はとっくに失われている。 人脈とは言ってもないわけではないけれども、ビジネススクールの友人よりも、その後に勤務した…

国連の意義

第二次大戦中に、国際連盟の反省を受け設立された国際連合は、多々批判はあるが国際平和維持には少なからぬ貢献をしてきたと思っている。 193か国の加盟国・地域が等しく一票を有する国連総会の他、安全保障理事会、経済社会理事会など6の主要機関と専門機関…

ほめる技

仕事では後進やクライアントに対して、ピアノでは仲間に対して、互いの成長を促すのに必要なこと、いや最も重要なことは「ほめる」ことであると認識している。 そして、ほめることは「技」である。 ここでいう「ほめる」とは「おべっか」「お愛想」とは全く…

今までの自分に欠けていたもの

それは 決断 determination ポスターの文句がリアリティを帯びた そう。決断。決めるのだ。 仕事もプライベートも。 「がんばる」 ではない。 「できる」 でもない 「決めた」 である。 「決まっている」 でもいい。 不安も不確実性も関係ない」 「決まって…

オンライン英会話レッスン

グローバルコミュケーターになるべく始めたオンライン英会話。 レアジョブというのがあります。 一回25分、月8回のコースで月5,000円弱。 フィリピン人講師です。 カリキュラムもしっかりしており、かなりの上級者でもサポート。 レッスン予約はネットで簡単…

Clear Thinker

とは、自分がGEに努めていた頃毎日のように口にし耳にし目にしていたGrowth Valuesの5つのValueの一つである。 「頭の良さ」を表現する英語のsynonymは数多くある。 bright, sharp, smart, clever, intellectual, intelligent, wise, ... が、いずれも求める…

リーディング力アップ教材

グローバルコミュニケーターとしての実力アップのため、手元にある英語の書籍から特に内容的にも意味のある(この基準でビジネスものとフィクションは外れる)難解に分類される本を厳選した。 これまでざっとしか読んでいないのでじっくり深く読む。

自分への必要投資額試算

あらゆる投資のうち、最もハイリターンの投資は自分への投資である。しかもローリスクである。もちろんハイイールド債など目ではない。 そこで、自分は何に投資するか、いくら投資するかを簡単に試算してみた。自分の成長は大きく3つある: ①経済自由人にな…

英語特訓再開戦略

当面必要な参考書群 この他にアメリカの提携先との電話会議、ベルリッツとレアジョブでの会話レッスン。 さらに国連英検特A級の過去問2冊買った。 そしてThe Economistも定期購読。 そして松本道弘先生の塾。 さらにWeblioやボキャビルアプリ複数を活用して…

国連英検特A級合格をめざす!

日本で行なわれる主な英語試験といえばTOEIC、TOEFL、英検、ビジネス英検、ケンブリッジ英検あたりだが、これらはいずれも20年以上前に制覇している。 残るは国連英検特A級だけである。 今年の第1回試験に申し込んだ。1次試験は5/27。 昔1次に合格したことが…

インテリネイティブと伍するにはラテン語必須

外資系勤務時代はpracticalな英語で切れる表現で良いのであまり必要は無いとは言え、いろいろなネイティブと話したりメールでやり取りしていると、時に「きどりっこインテリ」ネイティブと伍するにはラテン語も必須だと思った次第。 きどりっこではなくとも…

ボキャビル再開!

社会人1年目から2年目にかけ、英語力アップに狂い、シャワーのように英語を浴びていた頃、TIMEを毎週cover to coverで読み、知らない単語は全てチェックして単語帳に下記だし、リーダーズ英和辞典で意味を書き出すということを1年間続け、おそらくは50,000語…

必見の卒業式スピーチ

昨日、ウォーキング(あるいは通勤、客先への移動時など)中に聞いている英語スピーチを二つ紹介しました。 卒業式での有名人のスピーチも大変刺激になり勉強になります。 まずは有名なスティーブ・ジョブスのスピーチ。2005年、Stanford大。 www.youtube.co…

ディベート動画に刺激を受ける

ここのところウォーキング中にYouTubeで英語のスピーチを聞くのを習慣にしている。 昨日は2つとても刺激になる動画を発見した。 ディベートである。 ディベートは知の格闘技だが、これらは実に爽快なまでに攻撃的である。 www.youtube.com www.youtube.com …