コンサルタントはきょうも語る

現役経営コンサル兼ピアニストが仕事術とピアノと減量と英語と沖縄とかについて語ります

やってはいけない練習法

ども。いけてないアマチュアピアニストのじむです。

賢明なるピアニスト(プロアマ問わず)諸氏におかれては「ふふん。わかってないなこやつ」と言われること火を見るより明らかではありますが、ほんの半年前までのじむの練習法を惜しげも無く一挙公開の巻であります!

 

高いよ(≧∇≦)

 

どぅるどぅるどぅるるるるるるる(ドラムロールのつもり)

 

1 初見の曲をいきなり冒頭から弾き始める(アナリーゼ?なにそれ)

2 弾けない箇所は100回とにかくインテンポで機械的に繰り返す(ゆっくり弾いて弾けるの当たり前やん)

3 10分を超える大曲でもとにかく通して弾く。しつこく繰り返す(全部弾かなきゃ意味ないやん?)

 

はいはい。いけないことのオンパレードですねー。

こゆことは数々のピアノ本には書いてませんね(部分的には書いてある)。

そらそーですね。きちんと教育受けてる人や心ある人にはあり得ない練習法ですから。

 

しかし場合によっては、程度によっては有効である場合があるのです。

練習時間が無いが止むにやまれず近い本番に新曲を出す場合。

とか。

 

いまじむがやっている練習法はこれらの和集合の補集合です。

 

おぉ この集合論的表現かっこいい(≧∇≦)

 

そろそろ効果が出てもいい時期になってきたかな(≧∇≦)

 

しかし。しかしですよ。そもそもじむの場合、あまりに難しい曲を選んでいるので何年かお待ちくだされ(´・ω・`)

 

再来年に乞うご期待(≧∇≦)