コンサルタントはきょうも語る

現役経営コンサル兼ピアニストが仕事術とピアノと減量と英語と沖縄とかについて語ります

未来に先回りする思考法

経営コンサルという仕事柄、年に数百冊のビジネス書、経済書に目を通すのですが、おかげで自然と速読になってます。

以前このブログで私見を披露させていただいたのですが、ビジネス書の99.5%は読む価値がありません(1,000冊を超える本をチェックしたことからの経験則)。

 

jimkbys471.hatenablog.com

 

一方で、じゃあその0.5%はどれか、と聞かれた際、実は本当に役に立ったと思った本は実は人に教えなくなかったりするので、ずいぶん時間が経ってから(鮮度が落ちてから)教えたりします。

ですが今回は(ずいぶんもったいつけてますが・・・)特別に共有しちゃいます!!

 

ずばりこれです!

www.amazon.co.jp

未来予測的な本(2050年のなんとか、とか)はいつの時代も売れますが、これまで何十冊も読んできて正直「おおっ」と思ったものはありませんでした。

が、これは本物です!

特に「新しい」ポイントは:

  • 変化が加速し予測がますます困難になっている状況において(技術のみならずジオポリティカルにも)、この本で紹介されている、社会が進化するパターンを見抜くこと、は本質だと思いましたし、自分のなかでモヤモヤしていたことがすっきり整理され、知的刺激が大いにありました。
  • FacebookGoogleが本当のところ何を目指しているのか、も明快に説明されています。
  • また、コンサルタントの武器である仮説検証の限界についてもなるほどと思いました。我々も進化しなければ!

 

ぜひお読みください!

 

しかしKindle版は691円て安いですね。約1/3ですよ!!

やっぱiPhone7に機種変しようかな・・・・