コンサルタントはきょうも語る

現役経営コンサル兼ピアニストが仕事術とピアノと減量と英語と沖縄とかについて語ります

変体仮名

変体仮名は「へんたいかな」です。

変態かな?ではありません(*≧∀≦*)

 

こほん

 

昨日の帰宅途中、「古文書検定」の最初の10問をやってみました。

周囲の乗客は「このひとなんで漢字の練習してるんだろう」的な目で見てましたがちがうぅぅ!

 

変体仮名とは昔、漢字をくずしてひらがなにしたもので、いまのひらがなとは違います。

例えば:

「い」の元の漢字には、以、伊、移、意、遺

があり、昔(1900年まで)はこれらの漢字をくずして使っていたので、同じ「い」でも変体仮名には複数の種類があります。

 

へー。知らなかった。

 

「い」の場合は元の漢字(字源とか字母というそうです)の音読みがみな「い」なのでまだわかりやすいのですが、「元の漢字は何でしょう?」という古文書検定の問いに答えるのは決して簡単ではないのです。

 

例えば:

「た」の字源には「堂」があります。

「ぬ」の字源には「奴」「怒」「努」があります。

ぱっと思いつかないですよね。知らないとだめですね。

 

さっ きょうも勉強しよ。