読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コンサルタントはきょうも語る

現役経営コンサル兼ピアニストが仕事術とピアノと減量と英語と沖縄とかについて語ります

人種差別されるということ

Facebookの友人である日系アメリカ人が旅行先のアリゾナで見知らぬ白人男性から「ここはアメリカだ。わかってるか」と言われ憤っている。

カリフォルニア在住20年の彼はそんなこと言われたのはほとんど初めてだという。

自分も2年だけだが中西部に住んでいたことがある。

あからさまな人種差別とまではいかなかったが、白人の仲間内にはどうしても入れなかった。差別というほどではないが疎外感はたっぷりあった。

言葉の問題ではない。アメリカ人の中でもアジア系やヒスパニック系ましてアフリカ系アメリカ人の友人たちも入れなかった。

かつてのアメリカでは同じ白人でもたとえばアイルランド系は迫害されたらしい。

日本に住む日本人には人種差別がどういうものか実感できないだろう。

差別は頭で理解できる性質のものではない。差別された経験のある者にしかわからない。これは人種に限らない。

昔に戻ろうとしているのかもしれない。