コンサルタントはきょうも語る

現役経営コンサル兼ピアニストが仕事術とピアノと減量と英語と沖縄とかについて語ります

昔ときめいた青帯

ピアノを弾かれる方であればおそらくほとんどの方が持っているあるいは目にしたであろう全音楽譜出版社の楽譜。

そう。全音は曲集に第1課程から第6課程まで易しい方から順に難易度を指定しており、かつて第1第2課程は赤帯(バイエルなど)、第3第4課程は黄帯(メンデルスゾーンの無言歌など)、そして第5第6課程は青帯(ショパンエチュードなど)がつき、課程ごとにコメントがついていました。

最高難度の青帯はぼくが子供の頃はドビュッシーエチュードムソルグスキー展覧会の絵など数少なく、早くこの課程の曲が弾けるようになりたいと憧れたものでした。

 

f:id:jimkbys471:20161215182711j:plain

ヤフオク出品画像を拝借しました)

 

いまでもこの帯見るとときめきます(*≧∀≦*)

 

全音さん、いまはこの帯付けてくれないんですよ。コスト削減かな。

帯だけでも売ってくれればいいのに(*≧∀≦*)