読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コンサルタントはきょうも語る

現役経営コンサル兼ピアニストが仕事術とピアノと減量と英語と沖縄とかについて語ります

めぐり逢えたら

数日前の晩だったか、帰宅してTVつけたらBSで映画「めぐり逢えたら」が放映されていました。

トム・ハンクスメグ・ライアン主演のこの1993年の映画は、原題はSleepless in Seattleですが、直訳すればシアトルに住む眠れない独身男性となります。長いですね。

 

邦題の「めぐり逢えたら」は往年(1957年)の名画「めぐり逢い」(ケーリー・グラントとデボラ・カー主演)にかけているのですねきっと。

絶妙です。

エンパイアステートビルでの出逢い、出逢えなかったこと。

 

冒頭の墓地のシーンが泣けます。台詞が。

"If you start asking why, you go crazy."

これは突然亡くなった最愛の奥さんのことです。

意訳すると「なぜおかあさんが死んじゃったかなんて考えちゃだめだ。頭がおかしくなってしまう」

この台詞身につまされます。

 

エンパイアステートビル展望台でのめぐり逢いのクライマックス。何度みてもどきどきします。

 

もう軽く20回はみました。

何度みてもいい。