コンサルタント=ピアニストはきょうも語る

現役経営コンサル兼ピアニストが仕事術とピアノと減量と英語と沖縄とかについて語ります

お金の使い途を考える

お金が欲しいと思わない、お金なんかいらないと本音で心の底から徹底的に思っている人、はい手を挙げて名乗り出てその有り余っているお金、いやおそらくそんな超富裕層は現金などほとんど持っていないだろうから株でも債券でも島でもゴルフコースでも絵画でも彫刻でも車でも船でも腕時計でもいいから早く私に譲渡しなさい(*≧∀≦*)

 

最近読んだある本(あまりにも多読なのでどの本か忘れたw)にあったのは、お金が欲しいと思っていてもお金持ちにはなれない、使い途を考えないとダメだ、とあったので、早速実践してみる。

 

20代のころから友だちには「吝嗇家」(つまりどケチ)とまで呼ばれ、豪華な食事やらクルマやら時計に興味がない私にとって、お金の使い途を考えるのは簡単なことではない。

 

お金が欲しいと思う理由のおそらく85%までは生存である。世の中何が起きるかわからない。実はこの瞬間にも自分が気づかないうちに犯罪を犯しており(何もやってません!)告訴されるかもしれない。預金が不正に引き出されているかもしれない(大して持ってません!)。家族が人身事故を起こすかもしれない(ぶつけられたことはある)。いやいやもうすぐ政府が預金封鎖するかもハイパーインフレになって貨幣価値が暴落するかもしれない。会社が突如倒産するかもしれない(実際実例を見ている)。我々の世代では年金はまず期待できない。

 

いやこういう消極的な理由ではだめなのだ。それでは生活費を大きく超えてお金を手にすることはできない。

 

まずは、何をしたいか、だ。

 

仕事で言えば、有望なスタートアップに投資し育てたい。たとえば再生医療ベンチャー。100億は必要だ。自分の能力も活かして経営基盤を構築し、開発を成功させ、大企業に買ってもらってもいい。上場させてキャピタルゲインを得るのではなく、グローバル市場で確固たるプレゼンスを築き信頼を得て、日本の産業競争力強化をリードする企業に育て上げたい。

 

ピアノで言えば、演奏会ができるホールにスタインウェイD274とヤマハCFXとカワイEX-LとファツィオリF-308(いずれもフラッグシップ)を3台ずつまずは入手。これだけで3億円弱。

それにホールとスタジオも3セット、東京とマンハッタンとロンドン。これはレンタルでもいいが数十億で買い取りたい。中古でオッケー。

有望なピアニスト発掘にはコンクール開催が必要だ。毎年東京でやる。会場、審査員、運営、毎年1億は最低でも見込む。

コンクールの優勝者には、最高の教師のレッスンを受けさせ、グローバルに晴れの舞台で活躍する舞台を与えなければならない。音楽に専念するために十分以上に豊かな生活を送る費用と旅費も必要だ。最高の芸術に触れる機会も。一人いくら必要かな。5,000万?それも10人のホープを10年は支える。毎年5億。

他にやりたいこともあるが、まずはこれだけでも初期投資を含め10年間で100億は必要だ。

 

前述の企業育成と合わせて200億。

とりあえず大方針と大概算はできた。

次は何をすべきかな。