コンサルタント=ピアニストはきょうも語る

現役経営コンサル兼ピアニストが仕事術とピアノと減量と英語と沖縄とかについて語ります

くろくまくんに一目惚れ

先日、招待券を仕事関係でいただいたので、銀座の松屋で開催中の

「シンプルの正体 ディック・ブルーナのデザイン」

という展覧会に行って来ました!

www.dickbruna.jp

 

会場入口にはこんなおっきな絵が描いてあります。

これは入ってみなければ!!

f:id:jimkbys471:20170427060238j:image

 

ディック・ブルーナ(1927~2017、オランダ)は、日本ではミッフィーで知られていますが、多くの本(主としてペーパーバック)の表紙や挿絵を描いた画家で、マティスやレジェ、それに後期にはレンブラントの影響も受けたことで知られ、ピカソからも評価されていたとのことです。

この展覧会では、本の挿絵の数々や下絵、それにミッフィーシリーズの絵本が映像で紹介されており、ディック・ブルーナファン必見の展示の数々です。

 

ぼくが最も心を惹かれたのは、Black Bearという黒いくまさんです。

勝手に「くろくまくん」と呼んでいます。

くろくまくんは本の虫で、毎日朝から夜遅くまで本を読んでいます。

冒険好きで、あちこちに行きますが、どこへ行くにも本を持っていきます。

本を読み終わると、すぐ本屋に買いに行きます。

みなが寝静まった夜も本を読んでいます。

が、ある日突然亡くなってしまいます。

なぜ亡くなったのかはわかりません。

なんかこのストーリーとくろくまくんの毎日に想いを馳せてじーんときてしまいました。

美術館には割と行く方で、必ずミュージアム・ショップには立ち寄るのですが、無駄遣いが嫌いなので滅多に何か買うことはありません。

しかし、この絵皿(ケーキ皿)には一目惚れしてしまい、即刻購入しました。

f:id:jimkbys471:20170427060246j:image

かわいいですよね。

この他にもオンラインショップではトートバッグやパスケース、四角い絵皿、マグカップなど「くろくまくん」シリーズ のグッズがたくさんあります。

ブルーナ×ブルーナ / ブラック・ベア

 

もしお時間あればぜひ松屋銀座に行ってください。このあと丸ノ内でも来月やるようです。