コンサルタントはきょうも語る

現役経営コンサル兼ピアニストが仕事術とピアノと減量と英語と沖縄とかについて語ります

生まれ変わったらこの曲になりたいという曲はあるか

「生まれ変わったらこの曲になりたい」

衝撃的なことばです。

こういうことばがすっとストレートにまっすぐな表情で語れてしまう音楽家。

すばらしいです。

f:id:jimkbys471:20170513023957j:image

NHK Eテレで5/5朝放映された伊藤悠貴チェロリサイタル。

この番組しばしばチェックしています。

しかし繰り返し視聴したのは本当に久しぶりのことです。

日本人弦楽器奏者の水準は世界的にも最高水準。

(ピアノもがんばれ!)

 

そして彼が「生まれ変わったらなりたい曲」とはラフマニノフチェロソナタです!!

 

この「生まれ変わったらこの曲になりたい」を自問してみる。

「そういう曲ある?」

うーむ。

ぱっと思いつかない。

かつてはそういう思いで取り組んでいたことはありました。

たとえばシューマンのピアノ協奏曲。

たとえばハンマークラヴィーア。

たとえばスクリャービンピアノソナタ10番。

 

いや いま取り組んでいるメシアン(喜びの聖霊のまなざし)やスクリャービン(白ミサ)はきっとそうなのだ。ラヴァルスもそうだな。一生懸命取り組める時点でそうなのだ。

 

生まれ変わったらこの曲になりたい。

そういう思いで取り組んでみよう。

曲になり切るのだ。