コンサルタント=ピアニストはきょうも語る

現役経営コンサル兼ピアニストが仕事術とピアノと減量と英語と沖縄とかについて語ります

クライバーン ファイナル1日目

今日は(現地時間6/7水曜夜)クライバーン国際ピアノコンクールファイナルラウンド1でした。演奏者と演奏曲目は下記のとおり:

 

Kenneth Broberg, United States(23歳)

ドヴォルザーク: ピアノ五重奏曲 作品81 イ長調

Yury Favorin, Russia(30歳)

フランク: ピアノ五重奏曲 ヘ短調

Yekwon Sunwoo, South Korea(28歳)

ドヴォルザーク: ピアノ五重奏曲 作品81 イ長調

 

個人的な評価ですが、今日の3人ではSunwoo(サンウ)が圧倒的でした。室内楽の評価ポイントである、一体になること、そして特に弦楽カルテットを立てるときは立て、前面に出すところは出し、自分が引き立つべきときは引き立つ、そして弦楽とピアノの対話が自然にできていること、これらがプロのピアニストとしてしっかりできると思わせてくれました。すばらしいドボルザークでした。

ファボーリンは自分の強みを活かす選曲であったとは思いますが、サンウほどの一体感、対話は感じられませんでした。

ブロバーグは大きなミスはなかったものの、明らかに何とかズレないようにの一心で、しかしやはりドボルザークのピアノパートは簡単ではないので(何を隠そうこのぼくもフォートワース響のメンバーと現地で6年前に弾いたことがあるので)、一生懸命感が拭えなかったですね。たとえソロリサイタル3つとコンチェルト2つがあるにしても、もとよりクライバーンは数ある国際ピアノコンクールの中でも要求が最も厳しい訳ですし、条件は全員同じ訳なので、言い訳にはならないです。

 

さて明日ファイナル3日目は残り3人、ロシアのチャイゼ、香港のチェン、そしてアメリカのシューのクインテットです。楽しみです。