コンサルタントはきょうも語る

現役経営コンサル兼ピアニストが仕事術とピアノと減量と英語と沖縄とかについて語ります

ピアノ欲が止まらない

物心つくはるか前からピアノに親しんできた(親がピアノ教師だったので)自分にとってピアノの楽しみは次々に背伸びした曲を弾くことだったので、ありとあらゆる難曲と言われる曲に手をつけてきました。

大学4年できっぱりピアノを(一旦)辞めるまでに手掛けた(しかも人前で弾いた)主な曲は:

 

ベートーヴェン:ハンマークラヴィーア全楽章

ラフマニノフピアノソナタ第2番

リスト:ソナタロ短調

ドビュッシーエチュードから4曲

ショパンスケルツォ全曲

ラヴェル:夜のガスパール

ストラヴィンスキーペトルーシュカ

ラフマニノフ:絵画的練習曲作品39より1、4、9番

 

40過ぎて再開してからは:

アルベニス:イベリア3集

カプースチン:8つの演奏会用練習曲

スクリャービンソナタ3、4、7、10番

シューマン:ピアノ協奏曲(全曲)

メンデルスゾーン:厳粛なる変奏曲

ラヴェル=ギンジン:ラヴァルス

ベートーヴェン:ワルトシュタイン(全楽章)

ベートーヴェンピアノソナタ32番(全楽章)

ショパン:プレリュード(全曲)

ショパンエチュード作品10(全曲)

ショパンエチュード作品25より4、5、6、7、8、11

リスト:ドンジョバンニの回想

バッハ平均律第1巻より3、4番

バッハ平均律第2巻より2、4、8、11、16、19、23番

メシアン:喜びの聖霊のまなざし

シマノフスキ:メトープよりセイレーンの島

ラフマニノフ:楽興の時より2、4番

 

はっきり言って無謀です。

手を広げ過ぎです。

「弾き散らかしている」としか言いようがありません。

 

このままで終わりたくない。

 

しかし手を拡げることは実は得策なのです。

ピアノに上達するということは、表現の幅を拡げることです。

表現の幅を拡げるということは、それだけ多くの弾き方を会得することです。

大曲になるほど多くの種類の技術を求められます。

最近思うのですが、たとえばショパンエチュードにしても、スクリャービンやバッハやメシアンを研究することで以前より格段に弾きやすくなっていますし、豊かな表情を持たせられます。

今現在並行して練習している曲は20を超えます。時間にして4時間ぐらいでしょうか。コンサートピアニストだったらこの2倍は行くでしょう。

そして、弾きたい曲(録音して聴けるレベル=かなり高い「完成度」で)たくさんあります。

たとえば:

バッハ:パルティータ6番

ベートーヴェンピアノソナタ2、4、7、26、28、30、31番

ショパン:幻想曲、幻想ポロネーズ

ブラームスヘンデルの主題による変奏曲とフーガ

シューマン:幻想曲、謝肉祭、クライスレリアーナ

メシアン:幼な子イエスに注ぐ20のまなざしより6、15番

シューベルトソナタD850、D959

ショスタコーヴィッチ:前奏曲とフーガ作品87第12番、第24番

ラフマニノフコレルリの主題による変奏曲

リスト:スペイン狂詩曲

 

主なものだけでもこれだけぱっと思いつくのです。

学習速度を速めるしかありません。

それには何より音楽の語法を理解し、楽曲を正しく分析しかつ自分の音を能動的に聴き、身体の感覚を鋭敏にすることです。

 

自分のピアノはまだまだこれからです。