コンサルタント=ピアニストはきょうも語る

現役経営コンサル兼ピアニストが仕事術とピアノと減量と英語と沖縄とかについて語ります

もはやSFではない

タイムマシンはもはやSFではないらしい。時間の流れは止められないし逆らえなくとも曲げることはできるらしい。

世界のどこへでも数時間で移動できるというのも夢物語ではないらしい。HyperloopやHypersonic Planeの開発が一気に進み実用化するかもしれない。

スーパーコンピュータの飛躍的な計算能力の向上、およびその次には量子コンピュータの実用化であらゆることがコンピュータ上でシミュレーションできさらにコントロールできるようになることは我々の生活・社会を根本的に変えるポテンシャルを有する。

疾病発生のメカニズムと予防方法が明らかになり、現在の医療は本当の意味で「スマート」になり、医療の質・アクセス・コストのトリレンマが解決する。

再生医療はなかなか実現しないが(心筋シートはもう買えるがiPS細胞や間葉系幹細胞はまだまだ開発中)、in silicoと遺伝子編集で組織・臓器を再生できる時代がすぐそこに。

ものづくりはサービスになる。今でいう「スマート・ファクトリー」はすぐに「イディオット・ファクトリー」になる。我々消費者は欲しいものを考えたり探すのではなく、自分がいまイメージできていないものですら提案してもらい、すぐ作って送ってもらい使えるようになるし、要らなくなればすぐ引き取ってもらえる。修理に出したり使い方を一生懸命考えたりする必要もない。

地球温暖化の元凶とされる(個人的には疑っているが)二酸化炭素の排出を減らさなくとも積極的に利用することができるようになるらしい。そうすれば石油や石炭の埋蔵量は気にしなくてもよくなる。

野菜だけでなく米など穀物も肉や魚でさえ陸上でこれまでよりはるかに効率的に作れるようになるので食料の自給問題も解消し、しかも安全なものが安価に手に入るようになる。

つまらない苦しい「労働」は人工知能とロボットがやってくれるので、人間は精神的な充足、自己承認から自己実現へ、自己実現から自己超越へと初めて現代社会が作り出した呪縛から解放される時が来る(そうしたら自分は音楽と数学をやるのだ)。

今の概念でいうところのお金さえなくなるかもしれない。少なくとも犯罪や支配力の源泉となるようなものはなくなるしなくなっても構わないしなくなった方が良い。