コンサルタント=ピアニストはきょうも語る

現役経営コンサル兼ピアニストが仕事術とピアノと減量と英語と沖縄とかについて語ります

ラヴェルのフーガ

モーリス・ラヴェルMaurice Ravel、 1875-1937)が1914-1917年に作曲した組曲クープランの墓(Le Tombeau de Couperin)は全6曲からなりますが、その第2曲がフーガです。

哀切なテーマはしかしアーティキュレーションと休符を大切に弾くことは当然とはいえとても難しい。

以前クープランの墓は全曲をコンサートで弾いたことがありますが、当時は今から思うとフーガをきちんと弾けていなかった気がします。

この傑作に敬意を表するべく今一度挑戦しようと思います。

f:id:jimkbys471:20171204083955j:image