コンサルタント=ピアニストはきょうも語る

現役経営コンサル兼ピアニストが仕事術とピアノと減量と英語と沖縄とかについて語ります

鉄板のリサイタルレパートリー

最近「鉄板」という言葉をよく周囲で耳にする。どうやら「正真正銘の」「最高の」とかいう意味があるらしい。

そこで、自分の現在の価値観に照らし、鉄板のリサイタルレパートリーをセレクトしてみた。

超一流のコンサートピアニスト(ソコロフなど)といえども、このレパートリーを一度のリサイタルで取り上げることはないであろう(てか長すぎ)。まあ質を問わなければ横山幸雄的な意図をもってとりあげるピアニストはいるかもしれないが、酷評は覚悟しなければならない。

自分が特に傑出した作曲家と信じる人たちの最難曲を厳選した。お気づきかもしれないがラフマニノフプロコフィエフは入れていない。

 

Albeniz: Iberia Vol. 3

Bach (J. S.): WTC Book I-3, 4, 21, 24; WTC Book II-4, 14, 16, 22, 23

Beethoven: Piano Sonata No. 29 Op. 106 “Hammerklavier”

Brahms: Variations and Fugue on Handel's theme

Castérède: Hommage à Thelonious Monk

Chopin: Preludes Op. 28

Chopin: Polonaise-Fantasie Op. 61

Ligeti: “Fem” and “Galamb Borong”

Liszt,: Reminiscences de Don Juan S. 418

Mendelssohn: Variations Serieuses Op 54

Messiaen: 6. Par Lui tout a été fait, and 10, Regard de l'Esprit de joie from "Vingt regards sur l'Enfant-Jesus"

Ravel: Le Tombeau de Couperin

Ravel: La Valse

Shostakovich: Prelude & Fugue Op. 87 No. 12 and No. 24

Schubert: Piano Sonata D. 959

Scriabin: Sonata No. 3 Op. 23

Scriabin: Sonata No. 7 Op. 64 "White Mass"

Szymanowski: Metopes Op. 29