コンサルタント=ピアニストはきょうも語る

現役経営コンサル兼ピアニストが仕事術とピアノと減量と英語と沖縄とかについて語ります

国連英検特A級合格をめざす!

日本で行なわれる主な英語試験といえばTOEICTOEFL、英検、ビジネス英検、ケンブリッジ英検あたりだが、これらはいずれも20年以上前に制覇している。

残るは国連英検特A級だけである。

今年の第1回試験に申し込んだ。1次試験は5/27。

昔1次に合格したことがあるが、2次は都合がつかず棄権し、その次の回は1次免除で2次から受けられるにもかかわらずこれも都合がつかず棄権、結局1次合格にとどまっている。

その当時買った過去問があったので、昨日出張の移動中の新幹線車内で1996年第1回の問題を解いてみた。

4択が80問でこれはすべてリーディング問題。これに小論文が1問ある。リーディングはいずれもかなりの長文で、テーマは国際政治、文学、芸術、ビジネス、医学まで多岐に渡り、いつもThe Economistを読んでいる自分でも難しいと感じるものばかり。

4択は80問中55問正解だった。約7割。小論文は自信があるので、まぁなんとか合格できるレベルではあるものの、油断はならない。

ボキャブラリーを思い起こし、難解な英文に慣れておかなければ!