コンサルタント=ピアニストはきょうも語る

現役経営コンサル兼ピアニストが仕事術とピアノと減量と英語と沖縄とかについて語ります

VR Shinjukuに行ってみた

仕事でエンタメ系の戦略を考える必要があり、最新のロケーションVRを体験すべく、仕事の合間にVR Shinjukuに行ってみた。

vrzone-pic.com

新宿歌舞伎町、西武新宿駅から歩いてすぐのところにそれはある。

2フロアに16のアトラクションが用意されている。来月はドラクエのアトラクションも登場予定。

入場料は、大人一人で1,200円。これにアトラクション毎に1,200円払えばよいのだが、お勧めのチケットは4アトラクションで4,400円のもの(1 day 4チケットセット)らしい。

17:00過ぎに入場したのと、1時間ぐらいしか滞在できないので今限定の「アフター5 1 day 3チケットセット」3,300円を購入。これがおそらく最もお得である。

 

今回の目玉は何と言ってもかめはめ波だったのだが、せっかくなので「極限度胸試しハネチャリ」と「急滑降体感機スキーロデオ」にも挑戦した。

 

かめはめ波は期待を大きく上回るものだった。目の前に悟空とピッコロがいる。かめはめ波は少し練習とコツがいるが(ナビゲーターのおにいさんが丁寧に指導してくれる)、教わったとおりにやればほんとにかめはめ波を撃ち、目の前の岩山を破壊することができたし、痛快この上ない。

 

極限度胸試しハネチャリは、そういうタイトルほどは怖くはない。が、チャリでおそらく実際だったら数百メートルはあるであろう高低差を飛行して天空の城を目指す4分間はとてもエキサイティングである。これは没入した。immersiveである。CGもとても美しい。

 

急滑降体感機スキーロデオはもっとも難しかった。ナビゲーターのおねえさんによると、ゴールに制限時間の2分以内に戻ってこれるのは15%ぐらいらしい。しかしこれは適度のリピートを促せる成功確率かもしれない。再び挑戦したいと思った。

 

今回は3つだけだったが、それでも十分に楽しかったし、かなりエネルギーも使う。

スキーロデオのリベンジも兼ね、近々にまた来たいと思った。

会社の同僚にもさんざん宣伝しておいた。

やはりこれからのエンタメはVR、AR、MR無しには成立しないと思った。