コンサルタント=ピアニストはきょうも語る

現役経営コンサル兼ピアニストが仕事術とピアノと減量と英語と沖縄とかについて語ります

法則は人工

〜すれば〜なる、といういわゆる「法則」を人間は好む。

必ずしも因果関係が立証されているものではなくても、必ずしも正しくなくとも、それが単なる傾向や疑似相関であってもである。

経験則や黄金律というものも法則とされる場合もある。

厳密でなくてもいい。

それで精神的に健康になれれば良い。

かつては「そんなの法則じゃないじゃん」と思っていたものでも、それを知ることで心が軽くなるなら意味があると今は思える。

かつての自分はいじけていたのだろう。

たとえば:

「簡単な仕事はいつでもできるからという理由で先送りされる」(ディヘイの法則)

というのがある。

どんな大事も小さなアクションの積み重ねであるから、小さな事をすぐやることこそ大事を成すに欠かせない、ということでもあり、やや見方を変えれば困難なことも簡単にできることに分解すれば克服できると解釈することもできる。

こういう「法則」はむしろ金言と言うべきかもしれないが、受け入れられ安くなればそれでいいのだ。