コンサルタント=ピアニストはきょうも語る

現役経営コンサル兼ピアニストが仕事術とピアノと減量と英語と沖縄とかについて語ります

コンサルの技シリーズ(13)大企業のベンチャー投資

昨年から、Corporate Acceleratorとかなんとか、大企業が新たな技術(AIなど)を取り込みベンチャー企業に出資したり買収したり、あるいは出資はせずとも提携するといった取組が増えている。

動機はもっともだし、自社にないケイパビリティ(技術のみならず)を外部経営資源によって補完するというのも合理的ではある。

しかし、大企業とベンチャーの組み合わせには根本的に合理的でない側面があり、これをマネジメントする(なんとかする)ことができる人材は大企業には稀有である。

何が根本的に合理的でないかというと、企業文化である。

「あー 企業文化ね」と思われるかもしれないが、ではこの文脈での企業文化とは何か、説明しようとすると言葉に詰まるのではないだろうか。