コンサルタント=ピアニストはきょうも語る

現役経営コンサル兼ピアニストが仕事術とピアノと減量と英語と沖縄とかについて語ります

眼精疲労に目薬は効かない

ここ2か月、買収案件の事業DD(デューデリジェンス)のベンチャー企業のハンズオン成長支援できわめて忙しい。

国会図書館に通い膨大な資料を読み、ウェブで隈なく情報収集し、Excelで分析しPowerPoint資料を作成することにずっと追われている。

誰か若手を使おうにも、求められるスピードが速く、仮説構築検証サイクルを10倍のスピードで回しているので、いかに優秀なコンサルタントといえども、誰もついてこれないから、結局使えない。

しかも、自分が最も詳しい分野であり、かつ買収案件は秘匿性が極めて高いため、外部を使う訳にもいかないのだ。

したがって、必然的に自己完結の作業になる。

訳あって孤軍奮闘孤立無援である。

この無理がたたったのか、目に痛みが出てきて、一晩寝ても痛みがひかないようになってしまった。

そこで先日、家族のかかりつけの眼科医院の院長に診てもらった。

様々な検査をしてもらったが、視力も1.0と0.9(裸眼)、他にも何も異常はないとのこと。昔から乱視気味なのでそれは依然あるとは言われた。

何か薬は使っているかと聞かれたので、買ったばかりの目薬を見せた。

院長先生のひとこと。

 

「気休めだね」

 

がーん。

その目薬とはこれである。

jp.rohto.com

宣伝文句は

ロート史上、最もプレミアムな一滴」

国内最多12種類の有効成分配合

 

お値段はドラッグストア店頭で

1,500円

 

気休め・・・

 

1,500円

 

しかし気休め。

 

眼精疲労に効く目薬はないのだそうだ。

 

気休め・・・

 

やすもう。

ほんとに休まねば。