コンサルタント=ピアニストはきょうも語る

現役経営コンサル兼ピアニストが仕事術とピアノと減量と英語と沖縄とかについて語ります

しびれの原因

家人が複数部位にしびれを訴え、先日かかりつけの病院で神経内科を専門とする院長先生にみていただき、大学病院を紹介してもらい精密検査を受けることになった。

そこで、予習のため(決して自己診断をする為ではなく正しい患者の姿勢をとるべく)、しびれに関する文献を探しに国会図書館に行ってみた。

いくつか良い文献を見つけることができたが、とりわけよくまとまっているのが、医師向けの雑誌「レジデントノート」2013年9月号の特集「しびれ診療を根底から見直そう!」である。

67ページにわたり、埼玉医科大学の先生方を中心に専門医の方々が執筆されており、医師向けのためやや難しいものの、原因が極めて多岐にわたり診断が難しいが、きわめて一般的な症状であるしびれについて、特に診断の面で詳しく解説している。

 

この記事の中に、「しびれの原因疾患」という素晴らしい表がある。

しびれの原因として考えられる疾患を、頻度と共に整理している表である。

61の原因疾患を、脳障害(4)、脊髄障害(7)、末梢血管障害(24)、筋障害(3)、自律神経障害(2)、血管障害(3)、精神疾患(9)、その他 (9)に分類している。

列挙すると:

脳血管障害

多発性硬化症

Parkinson病

頸椎症

悪性腫瘍椎体転移

亜急性連合性脊髄変性症

脳腫瘍

脊髄空洞症

neuromyotonia optica (NMO)

脊髄炎

脊髄障害

脊髄損傷

坐骨神経痛

手根管症候群

糖尿病性末梢神経障害

胸郭出口症候群

帯状疱疹

アミロイドーシス

Guillain-Barré症候群

遺伝性運動感覚性ニューロパチー

ビタミンB1欠乏性ニューロパチー

中毒性ニューロパチー

傍腫瘍性神経症候群

POEMS症候群

Churg-Strauss症候群

Sjögren症候群

末梢神経障害

慢性炎症性脱髄性多発神経障害

三叉神経痛

後頭神経痛

外側背側神経圧迫

肘部管症候群

豊胸術後の肋間神経皮枝障害

甲状腺機能低下症

神経巣損傷

HIV感覚神経障害

甲状腺機能亢進症

筋緊張性頭痛

多発筋炎·皮膚筋炎

遺伝性筋疾患

筋障害

無汗症

閉塞性動脈硬化

自律神経障害

血管障害

反射性交感性ジストロフィー

血栓症

深部静脈血栓症

パニック障害

体感症(セネストパチー)

うつ病

不安障害

身体表現性障害

転換性障害

過換気症候群

統合失調症

妄想性障害

restless leg syndrome

強皮症

RS3PE+2

主婦湿疹

筋萎縮性側索硬化症

線維筋痛症

関節リウマチ

高血圧,低血圧

精神疾患

発熱

 

きわめて重篤、あるいは緊急性を要する疾患、難病も含まれている。

しっかり診断していただきたい。