コンサルタント=ピアニストはきょうも語る

現役経営コンサル兼ピアニストが仕事術とピアノと減量と英語と沖縄とかについて語ります

小糠雨

小糠雨(こぬかあめ)という言葉を知った。
音を立てず静かに降る、糠のようなとても細かい雨。「糠雨」とも言うとのこと。
とても嫌な、苦しい夢を見て2時前に起きたら、細かい雨が音も立てずに降っている。
特に季節は限定しないとのこと。
ほんとに細かい雨。
ほとんど無風なのでかろうじて直線を保とうとするが、微風でも簡単に流れてしまう雨。
驟雨とは対極的な細い細かいか弱い雨。
雨は決して嫌いではない。
どのような雨にも表情がある。もちろんその表情は見るものが見て感じて解釈するものではある。
雨自身が何かを考えている訳でも何かを訴えている訳でもない。
と言っている矢先から雨を擬人化している自分がいまここにいる。
丑三つ時の小糠雨内省を促す。