コンサルタント=ピアニストはきょうも語る

現役経営コンサル兼ピアニストが仕事術とピアノと減量と英語と沖縄とかについて語ります

コンクール本選を聴いて

昨日は友人たちが出演する国際アマチュアピアノコンクールの本選を聴きに&応援しに紀尾井ホールに行ってきました。
1時間ほどしか会場にいることはできませんでしたが、A部門の5人の演奏を聴けました。
演奏後に何人かと会い、ささやかながら自分の言葉で称賛を伝えました。
それぞれに仕事や家事、プライベートが忙しい中、レッスンや練習に時間を割き、ステージを務めあげたことはそれだけでも大変なことです。
自らの選曲はいずれも難しい曲ばかりですが、いずれもどう弾きたいのかが伝わってくる演奏でした。
細部まで気を配り、かつ構成を意識した丁寧な演奏。
緊張感や苦労も伝わってきましたが、一様に感じられたのは皆本当にピアノが好きなのだということ。アマチュアの演奏に聴き入るのはこれが感じられることが最も魅力的なことです。
今の自分のテーマであるメンタルスタミナも感じられました。やはり好きだからこそのメンタルスタミナです。
多少のミスはあっても音楽を前に進めること、徹底的に表現を磨くこと、ディテールにこだわり抜き美しい響きを追求すること、そして音楽としての規律を守ること。終わりの無い挑戦です。
コンクールを聴きながらそんなことを思いました。