コンサルタント=ピアニストはきょうも語る

現役経営コンサル兼ピアニストが仕事術とピアノと減量と英語と沖縄とかについて語ります

足かけ4年弾いている白ミサ

2015年の12月から足かけ4年弾いている(途中中断あり)スクリャービンピアノソナタ第7番作品64「白ミサ」がここにきて急速な発展を見ている。

昨年までは弾けなかった(妥協していた)再現部(写真)がコントロールしてリズムを正確に響きを作れるようになってきた。

f:id:jimkbys471:20180725044610j:image

この曲は2つの主題でがらっと場面が変わること、音色の多彩さとダイナミックレンジの広さ、三連符四連符五連符の正確な音価、それに何よりsubito p(急に弱く)といった様々な難しさがある。

一方、一見複雑に見えるがシンプルな構成である。この構成を聴き手にストーリーとして訴えなければならない。

これまで何度もレッスンを受け、コンクールやリサイタル含め20回以上は人前で弾いてきたが、ここにきてようやく聴いてもらうに耐える仕上がりになってきた。

本番は3日後だ。