コンサルタント=ピアニストはきょうも語る

現役経営コンサル兼ピアニストが仕事術とピアノと減量と英語と沖縄とかについて語ります

ショパン前奏曲集作品28(55)研究再開11日目ー第11番ロ長調

ショパン前奏曲集作品28解凍、11日目は第11番である。

f:id:jimkbys471:20181213073106j:image

冒頭にlegatoとある。いきなりのキツい指示である。およそピアノのテクニックの中で最も難しいものをさらっと書くショパン先生恐るべしである。

ダンパーペダルに頼ってはならないし、音が重なってもムラがあってもいけないレガート。

レガートはペダリング同様耳で創るものである。

研ぎ澄まされた耳と究極までに滑らかで自然な腕と手首と指の動きのハーモニーである。

このようにシンプルな曲なればこそ、この基本中の基本のテクニックが試される。

和声の変化は他の曲に比べ少ないが、それが逆にこの曲の難しさを一層増しているとも言える。

隠れた難曲である。