コンサルタント=ピアニストはきょうも語る

現役経営コンサル兼ピアニストが仕事術とピアノと減量と英語と沖縄とかについて語ります

恐怖症

誰しも多かれ少なかれ恐怖症はあると思う。

何かを異常に恐れること。なぜと問われても怖いものは怖いのだ。

自分の場合は3つある。

 

一つは閉所恐怖症。エレベーターとか無窓居室(特に面積の小さい部屋)は怖い。脂汗をかき激しい動悸がするというほどではないものの、なんとなく怖い。

タワーマンションには決して住めない

 

二つ目は渋滞恐怖症。昨年の冬に親戚の家に法事で向かう途中、事故で高速が大渋滞になった。あの時は激しい動悸、そして冬なのに大汗をかいた。

極力電車や飛行機を使いたい。飛行機は極度の閉所恐怖症の人には乗れないが、自分の場合はそこまでではない。

 

三つ目は先端恐怖症。キリとか包丁とかナイフとかが怖い。ゾクゾクっとする。

 

そもそも恐怖症とはなぜ存在するのか。

恐怖症はICD(国際疾病分類)では不安障害に分類される疾病だそうだ。

治療法としては行動療法があるぐらいで、あとは時間の経過と共に軽減・消失を待つしかないらしい。

しかし近年では精神疾患の治療にデジタルテクノロジーが応用され、臨床的に効果を認められているものもあるので、VRやAR、MRを用いて治療可能なのではなかろうかと思ったりもする。

日常生活に支障を来すほど重症なのであれば、デジタルセラピーに期待が持てるのではないだろうか。

臨床的に用いるものではなくとも、自分のように受診するほどではないが恐怖症がある人にとっては、有料でも使ってみたいと思うので市場はある筈だが。