コンサルタント=ピアニストはきょうも語る

現役経営コンサル兼ピアニストが仕事術とピアノと減量と英語と沖縄とかについて語ります

超音速旅客機の時代が(再び)やってくる

・・・というお題で書こうと思ったものの、実際に超音速を地球上で記録した車はあるのでちょっとお題を変えることに。というのも、その車がほとんどロケットで見た目もとても車とは言いたくないものなので。

超音速旅客機が再び脚光を浴びているようです。

futurism.com

 

商用の超音速旅客機といえばコンコルドですね。ぼくも一回乗ったことがあります。ブリティッシュ・エアラインでパリからロンドンまで飛びました。巡航速度はマッハ2.0なので音速の2倍です。

しかしコンコルドは2003年に全機が退役しました(就航は1976年)。何と言っても燃料代の高さがネックでした。騒音の問題もありましたが。

 

今回話題になっているのは、デンバーを本拠とするベンチャー企業のBoom Supersonic社が開発中のSST(超音速旅客機)で、巡航速度はマッハ2.2、コンコルドより1割速く、現行の通常の旅客機の2.6倍の速さ、東京とアメリカ西海岸を5.5時間(現行のおよそ1/2)で結ぶものです。既にエアライン各社から76機の受注を獲得しているとのことです。日本航空はこのベンチャーに約10億円出資し、10機の購入オプションを獲得すると報じられています。積極的ですね。

燃費に関しては詳細は判りませんがコンコルドが直面した程の高さではないとのことです。

気になる運賃ですが、ビジネスクラス運賃程度になると同社は推定しています。

実際に就航するのは2020年代中頃ということなので、少し先ですが楽しみです!

 

コーヒー1杯に7つの質問

外回りが多いのでカフェで仕事をすることが多い。

質問の多さに辟易する。

いつものホットコーヒーなのに。

「店内でお召し上がりですか?」

「ホットですかアイスですか?」

「サイズはいかがされますか?」

「ミルクと砂糖はお付けしますか?」

「お支払いはどうされますか?」

「ポイントカードはお持ちですか?」

「カードお作りしましょうか?」

 

もうええっちゅうに!

 

「ホットS店内ブラックPASMOポイントカード無し」

 

と言っても一度で通じない。

 

あかん。

 

カードに書いて黙って見せるか。

 

明日やってみよう。

ブログとは何かという最難問(未完)

何の前ぶれもなく、ブログ村村長を名乗る方から依頼メールがきた。

(メールは須らく何の前ぶれもなく来るものである)

その依頼とは、アンケートへの回答であった。アンケートの設問はただ一つ、「あなたにとってブログとは?」という極めてオープンな問いである。莫大な数、不可説不可説転通りの回答が考えらるかもしれない、極めて自由度の高い、難問中の難問と言っても過言ではないであろう問いである。

デカルトやカントやヘーゲルキルケゴールが存命していたら間違いなく一冊著していたに違いない、哲学的に有意義な論点である。

キルケゴールであったら「死に至る病」(=絶望)の続編として位置付けていたかもしれない。

(いないかもしれない)

 

(このあと帰りのタクシーの中でキーボード叩きまくって続きを書いたのに下書き保存されず消えてしまったので続きは後日書きます)

 

突然のPV上昇

f:id:jimkbys471:20171210183233j:image

どう考えても一般受けしない投稿なのにこの突然のPV上昇は何なのか。

ブログは奥深い

日本音楽コンクールピアノ部門ドキュメンタリー

昨日NHK Eテレで毎年楽しみにしている日本音楽コンクールのドキュメンタリーを放映していたので、録画して観ました。

今回は例年と異なりピアノ部門にフォーカスした1時間ものでした。

本選は聴きに行けませんでしたが、1次から3次までは半分くらいは聴いたので、自分が聴いたコンテスタントが出ていて親近感が湧きます。

f:id:jimkbys471:20171210063926j:image

予選を聴いていて特に印象に残った原嶋さん、鐡さん、吉見さん、小井戸さんがいずれも本選に勝ち残ったのも自分の評価と審査員の評価が一致していて(これまでは結構外れました)自分の耳も成長したように思います。

吉見さんは演奏に自己効力感(エフィカシー)の高さを感じました。コンクールではエフィカシーの高さは、もちろん音楽的に様式感含め正しいことをやった上でですが、極めて重要な要素であるとあらためて思いました。

練習ではクリティカルに緻密に、しかし本番では自分の可能性を信じること。やはりこれに尽きる気がします。

本物の野菜というもの

昨日は仕事の関係で信州まで野菜の生産者の方に会いに行ってきました。

実際に栽培する場所に入らせていただきその場で試食させていただきました。

野菜好きの自分が見て食べてこれは「本物の野菜」と衝撃を受けました。

f:id:jimkbys471:20171209061820j:image

水耕栽培です。が単なる水耕栽培ではありません。根本に野菜本来の生命力を最大限に自然な形で発揮させる工夫が随所に盛り込まれた知恵の結晶です。

野菜は当然ながら生命です。

安く大量に生産する為に損なわれた味と栄養と安全性を回復、それも現代の制約において。

これこそが真のスマート農業だと強く実感した有意義な一日でした。

読者の皆さまに感謝

はてなブログを始めてからおよそ1年と3カ月が経過しました。

日々あまり時間を費やすことができず短い投稿ですが、なんとか1日も欠かさず投稿することができています。

ピアノやコンサルやヘルスケアについて、短いながらもその日自分にとって重要な課題でありまたは経験したことをできるだけわかりやすく簡潔に書くことを心がけています。

いつも読んでいただきありがとうございます!

そしていつもスターありがとうございます!

これからもがんばって続けます!