コンサルタント=ピアニストはきょうも語る

現役経営コンサル兼ピアニストが仕事術とピアノと減量と英語と沖縄とかについて語ります

イノベーションを起こす(2)

前回はイノベーションとは何かにつき簡単に持論を述べました。

 

jimkbys471.hatenablog.com

 

引き続きイノベーションの定義です。

コンサルタントは本来言葉の定義を厳密に行った上で厳選して使うのが基本姿勢です。なぜならばクライアントの現状や思いを正確に理解しまたこちらの提言を腹落ちするように伝えるにあたり、曖昧さは最大の阻害要因になるからです。

また、特に日本企業の経営者とお話しする際には、できるだけカタカナは使わないようにしています。カタカナ、特にビジネスの所謂バズワードbuzzword)に嫌悪感を覚える方もいらっしゃるからです。

イノベーションは日本語では革新と訳されることが多いです。改革でも変革でもないです。

またブレイクスルーとも違います。

ただの変化でもありません。ビジネスにとっては、内的にも外的にも常にその置かれている状況すなわち事業環境は刻々と変化しますから、変化が必要なことは言うまでもありません。

ブレイクスルーとの混同が厄介です。私の考えでは、何か従前では技術的に不可能であったものを、従来とは異なる方法で克服、したがって文字通りその壁を破ること自体がブレイクスルーであり、イノベーションという概念の真部分集合だと思っています。また、方法とは必ずしも科学技術ではなく、新たな視点や知恵であってもいいです。ここにはさらに「技術」とは何か、という論点もあります。

決して言葉遊びや神学論争ではなく、前にも書いたとおり正しい定義で用いることは極めて重要なのです。

 

 

 

性悪説に立つリーダーシップの罪

マネジメントは性悪説の部分があってもいい

リーダーシップは違う

はきちがえてるトップは

多い

イノベーションを起こす(1)

仕事で何がやりたいかと聞かれれば(聞かれなくても言いたいのは)イノベーションを起こすことだ。

今産業界ではイノベーションという言葉を聞かない目にしないことの方が珍しいが、イノベーションの語彙の理解は、要素技術レベルから社会レベルまで非常に幅が広い。

権威とされる伊丹敬之先生の定義によれば社会が変わるものでなければイノベーションではなく、単なる新技術、新製品、新サービスではイノベーションに該当しない。

例えばi-modoイノベーションではなくiPhoneイノベーションである。それは当時の帯域に依るところも大きく、イノベーションが生まれるには単に画期的なアイデアと製品化だけではなくそれを育てる土壌と正しい戦略、その遂行に必要な経営資源が正しく配分されることが必要だということだ。土壌とはまずユーザーのニーズとその源泉となる未解決問題や妥協が潜在的に或いは顕在的に存在していることが必要だ。

天才的或いは偶然による発見や発明すなわちserendipityが必ずしもイノベーションの要件ではなく十分条件でもない。

例えばiPS細胞はイノベーションの萌芽ではあっても未だイノベーションには程遠い。治療もしくは創薬や医療材料・機器開発に実際に応用され、それが少なからず医療をそして我々の健康維持に明らかなインパクトを与えて初めてイノベーションとなる。それには超えるべき様々な壁が立ちはだかっている。

一方で、マスコミに取り上げられるほどではないが地味な技術の応用による製造プロセスの変革もイノベーションになり得る。

この続きは次回(2)で。

ドバイ移住計画立案中

上海、ホーチミンバンコクなど都市に出張し帰国した日本でいつも感じる虚脱感倦怠感の原因は何か。活力の欠如だ。

日本は活力を取り戻せるのか。

ずっと何年もそれを考えてきた。

官民双方をみてきた。

希望を失いたくはない。

しかし彼我の差は拡大するばかり。

動きが遅すぎる。

同僚が良くドバイ経由で欧州出張しているのでドバイの話を良く聞かされる。

ドバイといえば超高層ビルフェチには聖地だ。

しかし都市の活力という意味がむしろ今は自分にとって大きい。

物価が高いとかいろいろ問題を指摘する人もいるが、もはや外国人が9割の国際都市だ。

事業を設立すればいい。

何を始めよう。

やはり日本との架け橋かな。

今日一日リサーチし考えてみる。

パクチーの徒長が止まらない

数週間前から育てているパクチー

種を一晩水に浸けてから播いたり水をやり過ぎないよう日に当て過ぎないよう注意しているのですが。。。。。

 

[ ]

(画像が貼り付けられなくなった!!!)

 

徒長が止まりません(`・ω・´)

どうしたらいいのでしょう。

本葉がまったく出ません(/ _ ; )

音価は正確に

昨日はレッスン。

ここのところ10日に1度のペース。

平均律ばかり。

重要なポイントはただ一つ。

音価は正確に。

どこまでもあくまでもいかなる場合でも正確に。

8分音符は厳格に8分音符♪

8が7.9になっても8.1になってもならない。

(もちろんそんな音符はない)

休符も無論同じ。

まずはそれができること。

すべてはそこからだ。

FACTORY 2017見てきましたが‥

ビッグサイト行ってきました!

http://expo.nikkeibp.co.jp/factory/2017/exhibition/

生産管理の高度化の新たなソリューションを期待して!

 

しかし‥

 

会場の隅っこに小さなブースが10数か所あるだけ‥

 

どうした日本!