コンサルタント=ピアニストはきょうも語る

現役経営コンサル兼ピアニストが仕事術とピアノと減量と英語と沖縄とかについて語ります

日本音楽コンクールピアノ部門第3予選

午前中は聴けなかったが、午後からトッパンホールへ。

しかしなんと当日券完売。

今年は例年と異なり大人気。空席待ち整理券をもらうものの14席空席が出ないと入場できない。

1時間待って諦めかけて帰ろうとしたらなんと知り合いに遭遇。もう4人聴いたので疲れたから券を譲ってくれるとのこと。ありがたや。

5人目から最後の9人目まで聴いた。

師匠の師匠が絶賛していた竹澤君や昨年入選の小井土君が含まれる。

尼子君のベートーヴェンソナタ28番は完全に曲を把握していた。ダンテもこれまでピティナや音コンで数々聴いた中で最高の出来。情景がビジュアルに浮かぶ立体感あふれる演奏。

竹澤君のベートーヴェン31番は精緻かつ計算し尽くされたプロの演奏。スクリャービンの幻想曲も完成度高い。白ミサはとてもよく研究しているのはわかるが、少し崩し過ぎが懸念。

小井土君は昨年にも増して自信溢れるハイドンスクリャービンソナタ3番。スクリャービン は自分も弾いたがおそらくスクリャービンソナタ全曲中まとめるのが難しい最難曲。しかし見事に弾ききった。

結果はこの3人とも通過。

f:id:jimkbys471:20180920191829j:image

ファイナルを聴きたくなった。

 

シックスパックアプリ

3年前、アレルギー克服のため減食(糖質カットとは違う)とウォーキングで半年で16㎏減量し、その後もほぼ維持しているが、ここに来てやはりあまり興味のなかった筋トレに励むことにした。

とはいってもマッチョになりたい訳ではない。筋肉隆々の自分を鏡に映して悦に入るようなナルではないし、そもそもマシンを使った筋トレは嫌いである。

fitbit仲間がプランク(prankではなくplank)を始めたの刺激を受け、同じ体重でも締まって見えるし、インナーマッスルが鍛えられて代謝は上がるし・・・と先日プランクのメリットについては語ったが、さらにモチベーションを上げるべく、結果が見えやすいビジュアルにもこだわることにした。

既にある程度腹は割れているが、どうせならまごうことなきシックスパックを目指すことにしたのであった。

iPhoneアプリでその名もズバリSix Pack in 30 daysというアプリを見つけた。

さっそく試してみたがこれがどSな内容である。プランクアプリなど比ではない。

f:id:jimkbys471:20180919200009j:image

それもそのはず。短期間で腹を割ろうということ自体が不自然なことなのだ。

このアプリは4日に一日は休むようになっている。健全である。

スルタノフのドキュメンタリー

ショパンコンクールで1位なし2位を受賞した後のスルタノフのドキュメンタリーを見つけた。

"Point of view"と名付けられた、Youtubeで1-4に分かれ全部で42分ほどのドキュメンタリー。彼の言葉(英語)と演奏と映像で綴られている。

www.youtube.com

www.youtube.com

www.youtube.com

www.youtube.com

ショパンコンクールの結果が悲痛である。

彼自身も語っているが、コンクールというシステムそのものの矛盾が露呈している。

これ以外にも、彼の音楽観が現れている言葉のひとつひとつが重い。

たとえば「音楽の解釈というのはおかしい。音楽は解釈するものではない。音楽はそこにあるのだから」

悪夢障害

悪夢障害という疾病があることを初めて知った。英語ではnightmare disorder。

ICD-10DSM-5に診断基準がある。

www.icd10data.com

emedicine.medscape.com

 

これらによると、悪夢障害とは、覚醒後に明確に思い出せる不快な内容の夢を見るがPTSD夜驚症ではなく、また既に定義された精神疾患とは診断されないものを言うという。

また発症は十代以下の若い人に多いという。

認知症ケアの最善アプローチは何なのか

 バイオジェンとアムジェンが共同開発するBAN2401が、プラセボとの比較対照試験において、最高量を投与した群では、認知症の進行(認知機能低下)を30%抑制できると発表されている。

www.newsweekjapan.jp

この記事ではアミロイドβ蓄積が病因であるかのように書かれているが、そもそも未だ未検証の仮説なのではなかったか。

そもそもアルツハイマー認知症の予防・ケアに薬剤が有効か否かという仮説そのものがこの業界各社のこれまでの巨額の投資の結果からしても問われるべきなのではないだろうか。

プランク始めました

最初は20秒でもキツイです。

何日か続けてやっていると1分ぐらいできるようになります。

最初はiPhoneのタイマーを使っていましたが、友人にアプリがあると教えてもらい、2日前から使っています。

1日毎に次第に秒数が増えていきます。

30日のプログラムで、30日目には3分43秒になります。

行動変容にはアプリはいいです。

体幹が鍛えられると姿勢が良くなり、体調も良くなり、歩きやすくなり、ピアノも弾きやすくなり、体調も良くなり、腹は割れるしいいことづくめです。

体幹の強い人は第一印象も良くなります。

やらない理由は見当たらないですね!