コンサルタント=ピアニストはきょうも語る

現役経営コンサル兼ピアニストが仕事術とピアノと減量と英語と沖縄とかについて語ります

仕事術

一流コンサルの要件

現役コンサルタントとして、社内および社外双方向けに「戦略コンサルタントの仕事術」を説いてきている。 この研修の目的は「10倍のスピードで仕事する」である。 そして対象はコンサルタントのみならずビジネスパーソン全般である。 駆け出しのコンサルタン…

狭小住宅

建築専攻の自分(一級建築士にも合格したが)としては、建築デザインにはこだわりがある。 建築は様々な制約の中で居住を含め様々な要求を満たす最適解を求めるものではあるが、最適解は一意に求まるものでもなくアートの要素も多分にあり(建築の世界では意…

オンライン英会話レッスン

グローバルコミュケーターになるべく始めたオンライン英会話。 レアジョブというのがあります。 一回25分、月8回のコースで月5,000円弱。 フィリピン人講師です。 カリキュラムもしっかりしており、かなりの上級者でもサポート。 レッスン予約はネットで簡単…

Clear Thinker

とは、自分がGEに努めていた頃毎日のように口にし耳にし目にしていたGrowth Valuesの5つのValueの一つである。 「頭の良さ」を表現する英語のsynonymは数多くある。 bright, sharp, smart, clever, intellectual, intelligent, wise, ... が、いずれも求める…

リーディング力アップ教材

グローバルコミュニケーターとしての実力アップのため、手元にある英語の書籍から特に内容的にも意味のある(この基準でビジネスものとフィクションは外れる)難解に分類される本を厳選した。 これまでざっとしか読んでいないのでじっくり深く読む。

自分への必要投資額試算

あらゆる投資のうち、最もハイリターンの投資は自分への投資である。しかもローリスクである。もちろんハイイールド債など目ではない。 そこで、自分は何に投資するか、いくら投資するかを簡単に試算してみた。自分の成長は大きく3つある: ①経済自由人にな…

いま流行りのコンサル

「量子論的引き寄せ」なる、如何にも疑似科学ぽくスピリチュアルぽい(疑似科学を忌避し、スピリチュアルを忌避する自分にとっては忌避^2なのだが)コンサルティングを発見した。 (あえてリンクは貼らないでおく) そもそも「量子論的引き寄せ」とは何なの…

必見の卒業式スピーチ

昨日、ウォーキング(あるいは通勤、客先への移動時など)中に聞いている英語スピーチを二つ紹介しました。 卒業式での有名人のスピーチも大変刺激になり勉強になります。 まずは有名なスティーブ・ジョブスのスピーチ。2005年、Stanford大。 www.youtube.co…

ディベート動画に刺激を受ける

ここのところウォーキング中にYouTubeで英語のスピーチを聞くのを習慣にしている。 昨日は2つとても刺激になる動画を発見した。 ディベートである。 ディベートは知の格闘技だが、これらは実に爽快なまでに攻撃的である。 www.youtube.com www.youtube.com …

ぐれていた自分

このブログを始めてから約2年半が経過しまして、ようやく気付いたことがあります。 自分は「ぐれていた」のです。 「ぐれていた」といっても非行少年のようにぐれているということではありません。 前向きなことを書いているように見えて実は行間にはものご…

断捨離のプロ

自分は戦略コンサルタントであるが言い換えれば断捨離のプロでもある。 自分オリジナルの定義ではないが、説明のし難い戦略を一言で説明してくれとの問いには必ず「戦略とは捨てること」と答える。 企業経営者にとって最も難しいのが捨てることであり、捨て…

英語力を磨く最短の方法はシャドウイング

かつて通訳士を目指し学校にも通って特訓していたころやっていて効果があったのはシャドウイング。 ネイティブによる英語のスピーチを一瞬遅れて真似すること。 リスニングとスピーキングが同時に鍛えられるし、スピーチによってはボキャブラリーも試される…

成長フェチ

自分の性格を一言で言うと成長フェチである。 特にビジネス面において、英語力を資格(英検、TOEIC、TOEFL、通訳技能検定など)総なめにしアメリカのビジネススクールでMBAを取得、外資系でアメリカ、インド等の同僚や上司と議論を戦わせまたプレゼンテーシ…

量子力学を学ぶべきか

量子力学はまったく専門でも何でもないのだが、本格的に学ぶべきか目下検討中である。 自分の浅薄な理解では、実はとても基本的なことが解明できていないということなのだが、既に解明されているのであればご存知の方はご教示いただきたい。 とても基本的な…

カフェインは日の前半に

現在3:30am。 起きてコーヒーを飲んでいる。 これと これ(の1本)を混ぜている。 もう1年以上ほぼ毎日続けている1日のスタート。 体質改善を開始してから1日摂取するカフェイン量は半減し、1日の前半にとるようにしたのは正解。生産性が向上した。 小川珈琲…

引き寄せの法則は正しいかもしれない

YouTubeで引き寄せの法則を学んでいる。 自己啓発モノはさんざん見たり聞いたり読んだがいずれもしっくりこなかったし懐疑的だった。 特に波動とか言い出すと胡散臭い。 しかしチャンカミ(上村浩晶)の存在を知って見方が変わった。 そして考えも変わってき…

オートメーション化が進む

相変わらずAIで仕事が奪われるとジャーナリズムはかまびすしいが、結局のところオートメーションが進むことに過ぎない。 オートメーションの起源は産業革命(第一次)、18世紀中頃、蒸気機関の調速機とされる。 爾来、オートメーションは決してワーカーの敵…

RPAで何をどこまで自動化できるのか

仕事の必要があってあるクライアントにRPAを含めた提案をすることになり、有力RPAベンダー複数社に話を聞いているが、現状ではあまり業務生産性、業務付加価値向上にはつながりにくい。 RPAはrobotic process automationの略で、いかにもAIロボットでプロセ…

足が速くなる靴が欲しい

仕事上都内の移動が多いわけだが、1駅、いや2駅分を電車に乗らず歩き、毎日20,000歩以上歩くことを目指しているのは、もはや減量のためや健康維持のためではなく、頭脳活性化および知能進化のためと言っても過言ではない。 しかし、5km(3~4駅分)を歩く必…

諺を信じるな。

ことわざ諺は必ずしも正しくない。 言葉の災いと言ってもいいものが多々ある。 いくつか例を挙げて説明する。 石の上にも三年 これは我慢強く辛抱すれば必ず成功するということわざである。そんなことはない。いや、がまんを奨励することは害悪でしかない。…

AIはaltenative intelligence

AIはartificial intelligenceの略だが、これをalternative intelligenceとみなしたらどうか。 単なるセマンティックの問題ではない。 人工知能という時、本質的に人間の知能をmimicするということになっていないか。 人間の使う言語をAIがシンボルとしてしか…

人間増幅(AH)こそAIの役割

先日あるクローズドの研究会であるAIの専門家とされる(かなり有名である)方を講師に招いて議論する機会があった。 自分としては、もはやAIと一括りにして論じることになんの意味もないと思っているし、論じるなら所謂IoTやロボティクスも併せて論じないと…

デジタルツールで行動変容

糖尿病はsilent killerとも呼ばれ、日本を含む各国で患者数が潜在的に人口の1割にも及ぶ(日本やアメリカの場合)慢性疾患であり、毛細血管がダメージを受けるため腎不全、網膜の炎症や中枢神経障害といった合併症をもたらす恐ろしい病気である。 しかし徐々…

【読書メモ】明治維新という名の洗脳

今年2018年は1868年の大政奉還から150年で、国を挙げて(一部かなり熱狂的に)「明治維新150年」機運が盛り上がっている。 なぜなのか。 自分は昔から「坂の上の雲」的な、司馬遼太郎史観とされる(司馬遼太郎さんのせいではなくそれを盛り上げた人々によっ…

楽曲にコミットするとはどういうことか

これまで真剣にピアノに向き合ってきたと思っていたが、これまで何度も壁にぶちあたり、都度反省をしてきたが、今回は反省ではなく、決意表明である。 楽曲にコミットするのだ。 ただ単に弾けるようになりたいとかコンクールに出たいというレベルではない。 …

PMBOK

これまで国家資格、国際資格、語学検定など様々な資格を取得してきたが、それら資格が直接役立ったことはまず無く、むしろ学習の動機付けとしての意味合いが大きかったものばかりである(学習自体あまり意味がないものもあったが)。 それらの中で特に役立っ…

両雄並び立たせるには

各々の分野で世界一と言える能力を持つ人材を集めたチームは機能しないことがほとんどだ。 理由: ・個々人の孤高的な性格と働き方 ・互いの不理解(あまりに専門性が高く理解できない) ・チームとしての方向性が定まっていない ・率いるプロがいない チー…

小さなことの積み重ね

毎日欠かさずやっていること。 小さなことだけど1年2年3年と続ければ必ず糧になる。 英語アプリ。 ブログ投稿。 ピアノの朝練。 肌の手入れ。 節食。 ウォーキング。 今年も続ける。 大きな飛躍も小さな一歩からだ。 ただし思考だけは飛躍させ続ける。

陸王最終回

テレビについて投稿するのは初めてです。 陸王は決してキャストがいいからではなく、元陸上選手としてもコンサルタントとしてもテーマに興味をもち見ていました。 TVはチャネルも増えメディアが多様化する中、各局は視聴率維持に苦労していますが、それでも…

感動とは何なのかをテーマにする

音楽でも美術でも建築でも文学でも歴史に名を残し人々を惹きつけ止まぬ感動を与える作品の本質は何なのか。 感動というのは学術用語ではないので厳密な定義は存在しないらしい。 厳密な定義は果たして可能なのだろうか。ここで言う厳密な定義とはセマンティ…