コンサルタント=ピアニストはきょうも語る

現役経営コンサル兼ピアニストが仕事術とピアノと減量と英語と沖縄とかについて語ります

ショパン前奏曲集作品28(102)初レッスン

昨晩は、時折見ていただいている師匠その4(コンサートピアニスト)に初めてショパン前奏曲集作品28をみていただくという、きわめてチャレンジング(きわめて基本に厳しい方のため)な体験であった。 みてもらったのは16番から21番まで(22番から24番は手が…

渋谷のホール&スタジオ

先日、アメリカ留学時代の先輩から誘われてピアノ弾き合い会に参加してきた。 渋谷駅から歩3分と交通至便な立地。 https://www.shibuyahall.com スタジオとホールがあるが、今回使ったのは5Fのホール。 新品のファツィオリF212がある。64席のホールにちょう…

二二六事件について学ぶ③

二二六事件について学んでわかった重要なことがある。 この事件を理解するにあたり重要なこととは、それをあたかもドラマ仕立てで捉えたり、俗っぽい陰謀説として捉えたり、誰かを英雄もしくは悪者に仕立てそれだけをクローズアップするとか、そういうことと…

ショパン前奏曲集作品28(101)各曲の鳥肌ポイント⑤

どの曲にも(好きな曲に限定されるが)自分が言うところの「鳥肌ポイント」がある。 この箇所を素晴らしく弾くと鳥肌が立つからそう名付けている。 必ずしもその曲の「ピーク」とは限らない。 作品28の各曲について、鳥肌ポイントがどこか、そしてなぜそうな…

ショパン前奏曲集作品28(100)各曲の鳥肌ポイント④

どの曲にも(好きな曲に限定されるが)自分が言うところの「鳥肌ポイント」がある。 この箇所を素晴らしく弾くと鳥肌が立つからそう名付けている。 必ずしもその曲の「ピーク」とは限らない。 作品28の各曲について、鳥肌ポイントがどこか、そしてなぜそうな…

二二六事件について学ぶ②動機

前回、二二六事件について3つの大論点を挙げた。 大論点1は、「なぜ青年将校たちはクーデター(coup d'etat、英語ではcoup)を企てるに至ったのか、であった。 言い換えれば、首謀者達の動機は何だったのか、である。 彼らがどれだけの憤懣不満を抱えていた…

ショパン前奏曲集作品28(99)各曲の鳥肌ポイント③

どの曲にも(好きな曲に限定されるが)自分が言うところの「鳥肌ポイント」がある。 この箇所を素晴らしく弾くと鳥肌が立つからそう名付けている。 必ずしもその曲の「ピーク」とは限らない。 作品28の各曲について、鳥肌ポイントがどこか、そしてなぜそうな…

二二六事件について学ぶ①

来週の近現代史研究会のお題である二二六事件についてここのところ多くの論文や図書を読み勉強している。 学校の歴史では実に軽くしか扱われない二二六事件。 日本近代史でも最も重要な出来事の一つ。重要というのは我々現代人が現在および将来について考え…

バスリコーダーを自作する

楽器はそもそも安いものではないし、価格で決めるものではないが、それにしてもバスリコーダーは安くない。 楽器はいかなる楽器でも精巧に作られた工芸品であるとはいえ、必ずしも自作が不可能ではない(グランドピアノはさすがに個人では難しいが)と思い、…

クラムボン

小学校の国語の教科書の教材として 昭和46年に採用された、 宮沢賢治の短編「やまなし」。 クラムボン この言葉が何度も出てくる。 短編の中でクラムボンが何かを説明していない。 小学校の先生へのアンケートによると、教えにくい教材と答えた教師が7割と…

バスリコーダーの森

ふと見つけてしまった。 去年12月にヤマハ銀座店でやっていたリコーダーフェアのツイート(公式)。 バスリコーダーの森 なる魅惑の画像。 バスリコーダーやはり買うしかないか。。 しかし問題はF管であることだ。 やはりC管がよいのだが、そうなるとテナー…

ショパン前奏曲集作品28(98)各曲の鳥肌ポイント②

どの曲にも(好きな曲に限定されるが)自分が言うところの「鳥肌ポイント」がある。 この箇所を素晴らしく弾くと鳥肌が立つからそう名付けている。 逆に言えば、これら鳥肌ポイントを無思慮に無造作に弾いてしまっている演奏には魅力を感じないともいえる。 …

ショパン前奏曲集作品28(97)各曲の鳥肌ポイント①

どの曲にも(好きな曲に限定されるが)自分が言うところの「鳥肌ポイント」がある。 この箇所を素晴らしく弾くと鳥肌が立つからそう名付けている。 必ずしもその曲の「ピーク」とは限らない。 作品28の各曲について、鳥肌ポイントがどこか、そしてなぜそうな…

ショパン前奏曲集作品28(96)現実的な注意点⑥

前回に続き、21番から24番まで。 第21番 変ロ長調 左手はどうしても1-1の運指にならざるを得ない箇所があるがここはつなげなければならない。耳で聴くレガートを。 第22番 ト短調 オクターブのスケールはバタバタしないこと。あたかもオクターブでないかのよ…

ショパン前奏曲集作品28(95)現実的な注意点⑤

前回に続き、今回は17番から20番まで。 第17番 変イ長調 技術的には特にこれといって難しいところは無いように見えるが、無造作に弾くと必ず左手の和音連打がうるさくなる。これを美しく響かせるのは実は難しい。タッチのコントロール。 第18番 ヘ短調 ユニ…

ショパン前奏曲集作品28(94)現実的な注意点④

前回に続き、今回は13番から16番まで。 第13番 嬰ヘ長調 中間部テノールのラインは準主役なので主張しつつも主役ソプラノのじゃまを決してせずハーモニーを大切にすることは意外にも意外ではないが難しい。とにかくよく聴くことと親指の独立。 第14番 変ホ短…

ショパン前奏曲集作品28(93)現実的な注意点③

前回に続き、今回は9番から12番まで。 第9番 ホ長調 一見、24曲中2番目に易しい曲のように見えるがそこはショパン、実は難しい。何が難しいかというと、ラインをきれいに出すのが難しいのだ。無造作な弾き方にならないよう十分注意すべし。 第10番 嬰ハ短調 …

ショパン前奏曲集作品28(92)現実的な注意点②

前回に続き、今回は5番から8番まで。 第5番 ニ長調 この曲の左手がやや弾きにくい理由は方向が頻繁に変わるところにあるので、感覚的に方向転換をつかめるようにすることと、そのために考えた運指は重要である。 第6番 ロ短調 左手で奏でるチェロの旋律に、…

スルタノフライブインジャパン

1996年春来日時のコンサートのライブ録音CD2枚組。このときスルタノフの来日は1991年に続き2回目。大変残念ながらこれが最後の来日となった。この時は、当初1日のみ予定されていたコンサートだったが、あまりの人気に瞬時にチケットが完売し、急遽紀尾井ホー…

ショパン前奏曲集作品28(91)現実的な注意点①

これまで名ピアニストによる曲目解説や誌上レッスンなど、作品28を究める上できわめて有益なヒントを得てきたが、実際に自分で取り組んでみると、それらポイント以前に越えなければならない様々なポイントがある。 ここ1ヶ月自分で取り組んで来てみて、まだ…

ショパン前奏曲集作品28(90)最も好きな曲

重々述べたとおり作品28は24曲で1曲と認識しているが、しかしあえてどの曲が最も好きかと聞かれれば、それはあるような気がする。 正直全ての曲が同程度に好きではないからだ。 これは好きなソナタでいえば全ての楽章を同程度に好きか否かと等価である。 い…

三奸四愚三大汚物

昨年より近現代史研究会に参画し、最も重要ながら中学高校で軽視されている現代日本形成のルーツの本質を究めんとしている。 実に素晴らしい人物もいれば、対照的に狡い愚かな嘆かわしく腹立たしい「万死に値す」とも言いたい人物もいる。 後者については、…

ショパン前奏曲集作品28(89)24人のピアニストによるバーチャル・チクルス?

Youtube上に、作品28の全24曲を1曲ずつ違うピアニストが続いて演奏する形で編集した動画があったので興味を惹かれ見てみた。 www.youtube.com 演奏曲とピアニストは以下のとおり: 1 Mikhail Pletnev 2 Dang Thai Son 3 Eric Lu 4 Grigory Sokolov 5 Vladimi…

芸文でのコンサートに出演

先の日曜日、友人にお誘いいただき、西宮市の兵庫県立芸術文化センターで行われたコンサートに出場させていただいた。 建築物としてもすばらしい。阪急西宮北口駅直結で交通至便であるところもよい。 ピアノはスタインウェイのD274。良く調整され、とても弾…

激痛にのたうち回る

昨日の朝、鈍い腹痛で目が覚め、いつもどおりコーヒーを飲んだり宅トレしたりピアノの練習をしているうちに、どんどん痛くなってくる。 これは疲労かと思い横になろうとするが、どんな体制でも痛くて眠れない。 ガスが溜まっているのかと思い、得意のストレ…

ショパン前奏曲集作品28(88)イエルク・デームスのアドバイス(3/3)

前回に引き続き、イエルク・デームス誌上レッスンより各曲の重要ポイント。 今回は17番から24番まで。 第17番 変イ長調: 65小節から11回もfzで弾くAsの音は左手でオクターブを弾く形で5の指だけ音を出します 第18番 へ短調: 伸ばした指の付け根、手首から…

ショパン前奏曲集作品28(87)イエルク・デームスのアドバイス(2/3)

前回に引き続き、イエルク・デームス誌上レッスンより各曲の重要ポイント。 今回は9番から16番まで。 第9番 ホ長調: 小さな大曲です。バスにはバスの主張があるので、上声のメロディと同様に美しく弾いてください 第10番 嬰ハ短調: 3、4、7、8、13小節と結…

ショパン前奏曲集作品28(86)ショパンの調性感覚

前回までの記事で、月刊ショパンに掲載されたイエルク・デームスの誌上レクチャーの冒頭で、イエルク・デームス氏が書かれていた「ショパンは調性に対して独自の感覚を持っていた人で・・・」とある点に、個人的にずっと思っていたことをはっきり言っていた…

ショパン前奏曲集作品28(85)イエルク・デームスのアドバイス(1/3)

月刊ショパン1985年5月号から7月号に3回に分け、往年の名ピアニストであるイエルク・デームス(1928年〜)によるショパン前奏曲集作品28の誌上レクチャーが掲載されている。 これが実際の演奏上とても参考になるポイントにあふれているので、特に重要と思う…

ショパン前奏曲集作品28(84)アナリーゼの意義

この曲にしばらくのブランクを経て取り組み再開してからというもの、自分の練習のあり方がシフトした。 そもそも一度ひと通り弾いているので音高音価は頭に入っているのだが、自筆譜を見たり、様々な角度からの研究論文を読み、和声を分析し、曲想に想いを巡…